ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美容にも◎!今が旬の“そら豆”はさやごと食べるのがおススメ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月~6月が旬の“そら豆”は、健康パワーが高い食材だって知っていますか? さらに女性にとって嬉しいことに、そら豆には便秘の改善やむくみの解消など美容にいい栄養素がいっぱいなのです。新鮮なそら豆なら、さやごと食べるのがおススメです。

“そら豆”にはこんな栄養素が含まれている!

そら豆は意外なことに栄養がとても豊富な食材です。そら豆に含まれる栄養素は、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミンや、鉄分、カリウムなどのミネラル、レシチン、さらに食物繊維も豊富です。女性に嬉しい美容効果は、カリウムによるむくみの解消、鉄分による貧血の解消や体のすみずみまで血液を運んでほんのり桜色のキレイなお肌を作る効果などです。もちろん食物繊維は便秘の解消に効果的。こんな効果があるなら、今が旬のそら豆を食べない手はありませんよね。カロリーも10粒で40kcalと低めなので、ダイエット向きの食材です。

“そら豆”は健康を意識する人にもおススメ!

そら豆には糖質や脂質の代謝に係るビタミンB1とB2が豊富です。食べた物をエネルギーに代える栄養素でもあるので、ちょっと疲れたというときもそら豆がおススメ。これらのビタミンには神経や血管を正常に保つ働きもあるんですよ。さらに健康を意識する人に注目してほしい栄養素がレシチン。レシチンには過酸化脂質の生成を抑える働きがあり、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防に有効とされているのです。肝臓の働きをサポートする働きもあるので、お酒のおつまみにそら豆を食べるのは理にかなっているのです。

“そら豆”を買うならさや付きの新鮮なものをチョイス!

そら豆はさやから出すとすぐに鮮度が落ちてしまいます。自分で買うなら、さや付きの新鮮なものを選びましょう。さやの緑色が鮮やかで、触ると弾力のあるものが美味しいそら豆です。多くの方が、そら豆を料理する時はさやから出して、実の部分を食べると思います。でも、新鮮なものだったらさやも食べられることを知っていますか? さやには特に食物繊維が豊富なので、便秘解消を目指すなら絶対さやごと食べるのがおススメです。さやを付けたまま、丸ごと蒸したり焼いたりすればOKです。そら豆に含まれる栄養素は水溶性のものが多く、茹でると栄養素が流れ出てしまいます。さやごと調理することで、栄養を丸ごと摂取できるメリットもあります。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP