ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衆院解散風の威力強大 病床の甘利明氏を立ち上がらせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 衆参同日選をめぐる〈安倍首相VSオール衆院議員〉の攻防が展開されている。安倍晋三・首相が衆参W選挙に強い意欲を示すのとは対照的に、与野党の議員たちは戸惑いを隠せない。「なぜ今やる必要があるのか……」そう考えているのだ。

 こうした解散風の威力は強大だ。なんと“病床”に伏せっている甘利明・前経済再生相を立ち上がらせた。

 甘利氏は今年1月に政治資金疑惑で大臣を辞任して以来、野党が国会出席を要求しても「睡眠障害」を理由に病欠したままだ。ところが、サミット2日前(5月24日)になって突然、「できるだけ早く体調を含めて、説明の機会を持ちたい」と事務所を通じて衆院議運委員会に伝えてきた。野党国対幹部が語る。

「同日選になれば甘利さんの大苦戦は間違いない。だが、いくら要求されても国会に出てこないのに、選挙運動だけはできるとなったら批判を浴びる。甘利さんは盟友の安倍さんなら解散をやると判断して、焦って国会に出てくる気になったんじゃないか」

 確かに甘利氏は選挙のことを考えたら居ても立ってもいられず、夜も眠れないだろう。だが、実際は安倍首相以外、与党議員も野党議員も本音は解散が嫌なのである。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
SAPIO人気連載・業田良家氏4コマ「例え話国会」
石破茂氏 解散決定時に国会内で使用制限の携帯メールしてた
安倍首相 民主党・小西議員を前にすると異常にヒートアップ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。