ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人歯科医 「入れ歯の良さが最近見直されてきました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌で好評連載中の「美人女医 秘密のカルテ」が記念すべき400回を迎えた。そこで、これまで特に人気の高かった“キレイすぎる”女医を紹介しよう。

 夫が経営する『がくえん歯科』(茨城県つくば市)で副院長として治療を担当する國分暁子先生(38)。

──どんな患者が多いの?

「住宅街にあるので家族連れの患者さんが多いです。私は義歯の作成を主に担当していますが、歯並びや噛み合わせの調整を何度もするため、患者さんとは長いお付き合いになることが多いですね」

──中高年が注意すべきことは?

「60歳を過ぎると、歯周病で歯が抜けてしまうことも珍しくありません。そのままにされる方もいますが、歯は互いに押し合うことで均衡を保っているので、抜けた歯の両側の歯が空いたスペースに傾いてしまい、全体的に歪みが出てしまいます。

 そうなる前に入れ歯を入れることをお勧めします。インプラントも人気ですが、トラブルが起きるケースもあるため、最近は入れ歯の良さが見直されてきました」

──パッチワークにハマっているとか。

「クリニックに飾っています。クリニックの壁に何か飾りたくても、いいなと思う絵画は値段が高くて購入できずにいたので、ちょうどいい趣味となりました」

●撮影/渡辺達生

※週刊ポスト2016年6月3日号

【関連記事】
「スマイル向上委員会」の美人歯科医 iPadを診察に活用する
患者多い総合病院 カネ払ったサクラ患者がいると看護師暴露
説明もなく何種類もの薬を出す病院は信用して大丈夫なのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。