ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

交流戦予想 パの72勝36敗で大谷翔平はセ相手に完全試合も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 各チームが18試合(3連戦×6カード)を戦う2015年のセ・パ交流戦を昨年制したのは12勝6敗のソフトバンクだった。パ・リーグ球団が上位5チームまでを独占し、61勝44敗3分け。各球団が揃って“黒星貯金”に励んだセ・リーグは交流戦終了時に全チームが勝率5割以下になるという異常事態に陥った。

 では、今季はどうか。「今年は去年以上にパ・リーグが圧勝する」というのは野球評論家・江本孟紀氏。

「セ・リーグはガタガタにやられるだろうね。パが全カード2勝1敗で勝ち越すペース、トータルでパの72勝36敗くらいの差がついておかしくない」

 そんな“パ高セ低”がどんどん進む背景には、そもそも交流戦そのものに対するモチベーションの差があると江本氏は手厳しく指摘する。

「交流戦が始まった理由の一つに、パ・リーグの試合に客が入らないというのがあったわけで、セ・リーグの選手からしてみれば、“(交流戦を)10年以上やって自前の客も増えたやないか。もうエエやろ”という気持ちがある。やる気がないんですわ」

 2005年の創設以来11回の交流戦で、セのチームが優勝したのはリーグ3連覇中だった巨人の2012年と2014年の2回のみ(2013年は3位)。全1692試合でパの通算865勝774敗53分けと、実に“45.5ゲーム差”がついている。

 今年、これまでを上回る差がつくと予想する理由として、江本氏はパ球団の投手力の充実を挙げる。

「パにはストレートで押せるタイプのピッチャーが充実している。ソフトバンクの武田(翔太)やバンデンハークがわかりやすい例です」

 昨季、強力打線でセを制したヤクルトが、日本シリーズで2人にきりきり舞いさせられたのは記憶に新しい。今季は2人ともすでに6勝(5月26日時点、以下同)をあげてハーラートップで並ぶという前年をしのぐ充実ぶりだ。

 とくに昨年は外国人登録枠の関係で交流戦に1試合しか登板できなかったバンデンハークはフル稼働が予想される。

「日ハムの大谷(翔平)も、パの打者がストレートのスピードに慣れてきたことで今季2勝と苦しんでいますが、あの160キロはセの打者にはまず打てない。セの打者相手なら完全試合の可能性だってあると思いますよ」(江本氏)

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
手抜きするチームあるプロ野球交流戦 王者優遇制度作るべき
横浜DeNA 交流戦の移動距離が他球団より長く不利との指摘
新制度の交流戦 横浜が独走加速し巨人が息切れする可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。