ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血圧は病院で測った数値より家で測った数値を重視

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 脳梗塞や心筋梗塞など、死に至る大病を気づかぬうちに進行させると言われる高血圧。日本人の3人に1人が高血圧だと言われており、できるだけ早く発見し、積極的に治療する必要があるだろう。

 そういう意味では、血圧を継続的に測ることが重要。循環器を専門とする医師の久代登志男さんは、こう話す。

「できれば“診察室血圧“と“家庭血圧”の両方を測るのがおすすめです。両者が乖離する場合、日本高血圧学会のガイドラインでは“家庭血圧”を重視するとしています」(久代さん)

 これは、診察室では医師を前にして多少の緊張が伴い、条件反射的に普段より血圧が上がってしまうことがあるからだ。この“白衣高血圧”を避けるためにも、家庭血圧をきちんと測っておきたいところ。

 逆に、診察室血圧は高くないけれど、夜間や早朝に血圧が高い“仮面性高血圧”は治療が必要なケースが多いもの。だからこそ、より良い血圧管理を日課とする、家庭血圧を朝晩測ることが重要だ。

 また、昨年、人間ドック協会が発表した情報で、高血圧の基準が緩くなったとの誤解が生じたが、高血圧学会が掲げる基準は変わっていない。血圧の専門医である渡辺尚彦さんはこう説明する。

「診察室血圧で140/90mmHg以上、家庭血圧で135/85mmHg以上が高血圧の基準というのが、日本を含め世界どこでも変わらないことを知っておいてください」(渡辺さん)

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
病院で計測すると自宅よりも高めになる血圧 その対処法は?
仮面高血圧のリスクを見分ける血圧測定の5か条
高血圧の自覚ない「仮面高血圧」は2000万人の可能性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。