体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パイロットを目指し、スタートアップに燃えた男がリクルートキャリアで挑戦する理由

子どものころから思い描いていた夢や目標をなんらかの理由であきらめたとき、再び別の目標を見つけて前以上に挑戦しようとするエネルギーを生むのはなかなか難しいことです。

リクルートキャリアに勤める増井は、学生時代からパイロットを目指して猛進。しかしあるパイロットから言われた一言が夢を見つめ直すきっかけになり、次のステップを踏み出しました。一度夢を捨ててもなお増井を突き動かすその原動力とは、一体何なのでしょうか。増井のストーリーを紐解きます。

f:id:carraria:20160526111738j:plain

増井勇貴(ますい・ゆうき)

幼少期からパイロットを目指すもとある出会いから「事業家として生きた証を残したい」という想いを頂き、東京理科大学を卒業後、2010年に新卒でメガベンチャーに入社。その後、学生時代の友人の誘いを受けて2011年4月にスタートアップの創業に参画。取締役退任後、2013年に事業家としてのさらなる成長を求めてリクルートキャリアに入社。現在はリクルーティングアドバイザーとして企業の中途採用支援に従事する傍ら、新規事業立案制度「RECRUIT VENTURES」にも通過するなど幅広く活躍している。

パイロットという確かな目標と、挫折

f:id:carraria:20160526111832j:plain

パイロットになりたいと思ったのは、小学生のころでした。福井県にある何もない村で生まれたのですが、「有名企業に入りたい」とか、「みんなが知っている仕事に就きたい」という想いは田舎で育ったからこそ強く醸成されて、それがパイロットという夢になったのだと思います。

当時はパイロットに求められる視力の条件が厳しくて、僕では目指すことができなかったんです。だから航空高校にも行かず、ごく普通の学生として過ごしていました。でも大学に入って東京に出てきて1年が経ったとき、「全日空がパイロットになるための規制を緩和した」というニュースをネットで見かけたんです。

うれしいというより、ただただ驚きました。真夜中にパソコンの前でボロボロ泣いている自分がいて、「涙まで出てくるのなら、もう、目指すしかない」と覚悟を決めたんです。そこからはパイロットになることだけを考える大学生活が始まりました。

しかし翌年の10月、実際にパイロットの方に会う機会を得たのですが、そこで夢は挫かれることになりました。パイロットの方から出会い頭に「増井君はパイロットではもったいないよ」と言われたんです。

パイロットの方は事前に僕のブログを読んでくれていました。そのうえで「あれだけのメッセージを持って物事に取り組む人材が、なんでパイロットになりたいの? 増井君ならもっとほかのところで頑張った方が絶対に活躍できると思う」と言って下さったのです。そこで初めて「もしパイロットにならなかったら、どんな人生を歩んだだろう?」と考えることになりました。これが、新たなキャリアを描いたきっかけになりました。

「生きた証を残したい」新たに生まれた人生の目標

f:id:carraria:20160526111946j:plain

パイロットの方と別れた後、3日間大崎駅のスターバックスにこもって、パイロット以外の人生の選択肢について考えました。ただ空が好きで、飛びたいと思っていて。心からなりたいと思っていた為、なりたい理由すら考えたことがなかったのですが、改めて考えてみるとパイロットになってからやりたいことが2つあることに気づきました。

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy