体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「シニアに優しい街 北九州」をちゃんと知れるお試し居住[後編]

「シニアに優しい街 北九州」をちゃんと知れるお試し居住[後編]

北九州市で始まったアクティブシニアを対象としたお試し居住。第1回目は8組9名のモニターが参加したが、そのうち2組のご夫婦が移住を前向きに検討中と結果としては上々だ。体験者はお試し居住を通じてどういう印象を持ったのだろうか。参加してみた感想や移住を決めたポイントなどを伺った。

5年後を見据えたときに、安心できる未来を手に入れたかった

今回のお試し居住をきっかけに北九州市への移住を検討している佐藤三征さん(75歳)、蘇美さん(75歳)ご夫妻は現在、横浜市戸塚区でマンションを購入し快適な生活を送っている。しかし将来、子どもたちにとって「自分たちの介護は負担にならないか」と最近になって考え始めた。【画像1】佐藤ご夫妻。介護される立場になったときどうするか。自分の居場所を選択しようと考えていたときに地方創生のニュースをテレビで見て、2人はお互いの故郷である北九州へ関心を向けた(画像提供:佐藤三征)

【画像1】佐藤ご夫妻。介護される立場になったときどうするか。自分の居場所を選択しようと考えていたときに地方創生のニュースをテレビで見て、2人はお互いの故郷である北九州へ関心を向けた(画像提供:佐藤三征)

『もしも介護が必要になったときのために万全な体制を整えておきたい』加えて『まだ健康なうちに趣味や経験を活かした社会活動をしたい』。この2つの希望に沿えるような場所が故郷・北九州にあるのではないだろうか。そんな事をぼんやりと考えていたときに偶然「お試し居住」の募集を知り、まずは現地に行って北九州市が「ついの住みか」になるかどうかこの目でみてみようと勢いで今回の参加を決めた。

佐藤さんご夫妻はともに高校まで北九州市で暮らしており、親類に会いに帰郷するなど訪れる機会は度々あった。とはいえ、自分たちが行く場所は親戚の家近辺と決まっており、地縁が薄いと感じているなかで移住へのイメージが全くつかめなかったそうだ。実際、お試し居住への参加が決まった後も前日まで不安でいっぱいだったそう。

しかし直接現地へ行ってみて、ご夫妻の不安は次第に減っていった。なぜならば目の前には自分たちのイメージしていた北九州市とは異なった風景が広がっていたからだ。

製鉄所のイメージが一新。そこには新しい北九州があった

佐藤三征さんはこう語る。

「北九州といえば工業地帯のイメージがありますが、コーディネーターさんに案内してもらった黒崎エリアには文化的な施設も出来ているし、東田地区も新日鐡工場がなくなり、まちの風景が大きく変わっていました。自然環境も充実していて、適度に田舎で適度に都会。バランスの良いまちだという印象を受けました」

「また介護施設も横浜と比べて進んでいるような気がします。都会だと施設の数と需要者の供給バランスが崩れていて、自分たちが希望したときにすんなりと入所できるかどうか不安がある。けれど北九州市では容易に入所可能のようだし、建物のつくりそのものが立派で環境もいい。いざというときに快適に老後が過ごせるんじゃないかなと感じました」【画像2】横浜で傾聴ボランティアをしている蘇美さんは、北九州市のシニア層はパワーがあると良い印象を受けたそうだ(画像提供:佐藤三征) 【画像2】横浜で傾聴ボランティアをしている蘇美さんは、北九州市のシニア層はパワーがあると良い印象を受けたそうだ(画像提供:佐藤三征)【画像3】子育てふれあい交流プラザにて。北九州市は待機児童ゼロ(2016年5月現在)で児童館が市内全域で42施設あるなど子育て支援施設も充実している(画像提供:佐藤三征)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy