ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震の避難所である小学校に「Pepper」が派遣

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

peeper 熊本地震

ソフトバンクグループは5月30日、熊本地震の避難所である小学校に「Pepper」を派遣する事を発表しました。

プレスリリースによると6月3日より、被災地への継続的な支援の一環として、避難所になっている熊本県内の小学校に人型ロボット「Pepper」を派遣し、Pepperとの会話やゲームなどのアプリを楽しんでもらうことで、長期化する避難所生活のストレス軽減に取り組む予定です。

また、100種類以上のロボアプリが用意されており、ゲームやクイズ、体操などを通じて、子どもからお年寄りまで幅広い世代の方がPepperとふれあうことができます。

派遣期間は6月3~4日の2日間となっており、場所は西原村立河原小学校、益城町立広安西小学校、益城町立広安小学校、西原村立山西小学校の4カ所の予定です。

期間中はソフトバンクロボティクスの社員とともに避難所に派遣されPepperとのふれあいをサポートします。また各避難所の要望に応じて、Pepperの派遣期間を1カ月程度延長する事も可能です。

Source:ソフトバンク プレスリリース

記事配信元:ガジェット系サイト[nstry.top]

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
nstry.topの記事一覧をみる ▶
nstry.top

記者:

スマホ・パソコン・アプリなどのガジェット情報を取り入れている総合情報サイトです。「満足度を高めた記事をお届けしたい」を目標として毎日更新中。

ウェブサイト: http://nstry.top

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。