体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「小1の壁」と在宅勤務 ―― 仕事を「子どもが過ごす場所」に近づける

長男が小学校に上がった2015年から1年間、リモートワークの制度を活用して在宅勤務をしました。今回は、過去に書いてきた「小1の壁」シリーズの続編として、その効果をご報告したいと思います。

実際にはその前から在宅勤務を少しずつ利用しはじめていたのですが、いわゆる「小1の壁」を前にして在宅勤務を継続的に利用させてほしいと、あらためて会社に頼んだのでした。
小1の壁とは 子どもが小学校に入ることによって育児と仕事の両立が難しくなり、退職するワーキングマザーが増えるという問題を指す。放課後の預かり時間が短くなる(保育園から学童に変わることで)、宿題や持ち物の準備など家庭でのフォロータスクが増える、子どもの成長に伴い人間関係が複雑化するため心理的ケアの必要性が増える、等などの環境変化が発生することが要因。詳しくは記事末にある過去記事のリンクを参照。

前提として、私の仕事はPCがあればできる作業が多いことと、会社としてもリモートワークを推進したいという思惑があり、組織的な協力が得られたことを述べておきます。

具体的には、ミーティングなどで週に2回程度出勤するほかは、自宅で朝の9時か10時ごろから夕方17時ごろにかけて、PCで作業します。コミュニケーションには、Skypeもときどき活用しました。

家からSkypeするとき、化粧するか否か……悩むのって私だけ……?(イラスト)

在宅勤務でこんなときに助かった!

保護者会・個人面談・PTAの集まり・授業参観などの学校行事

→仕事を「一時中断」して柔軟に対応できる

在宅勤務の効果で一番よかったことが、コレでした。

保育園では、行事が基本的に土曜日開催だったり、保護者懇談会も夕方から開催だったりと、都合をつけやすく設定されていました。小学校では保育園のころより学校に赴く用事が増えますし、それが日中に設定されていることがほとんどです。

1つ1つは1〜2時間で終わるのですが、会社に出勤する場合は、往復の通勤時間も含めて最低でも半日はかかってしまうと思います。いわゆる「半休」を取らないといけない方もいますよね。

在宅勤務ならば「2時間だけ中抜け」のような形で対応できるので、仕事の調整がしやすいなと思いました。「中抜け」で済むなら、有休の残り日数を気にしなくて良いというメリットもあるかもしれません。

子どもを送り出す朝

→時間に余裕がある。お弁当づくりにも

小学校に入ると、これまで親の送り迎えが当たり前だった子どもが、自分で学校に通いはじめます。この大きな変化が、「壁」となってしまうケースがあります。

保育園は7時台から開いていますが、小学校の校門は8時ごろにならないと開かないので、通学時間より前に親が自宅を出なければならない、というものです。これが原因で仕事を辞めたお母さんを知っています。

とくに4月は初めての通学で、待ち合わせで泣き出しちゃったり、「行きたくない」と言って校門から中に入ろうとしない、などのケースも聞きました。

これは在宅勤務ではなくフレックス勤務でもできることですが、通学に慣れるまで、少しついて行ってあげたり、見送ったりできたのはよかったです。

さらに、小学校に入ると、保育園時代には必要のなかった休日の「お弁当づくり」が発生します。夏休みはかなり大変です。親はまったくの平日なのに、子どもは8月いっぱいお休みなので、学童に持たせるお弁当を毎日つくらなければいけません。

私は会社が遠いこともあり、通勤時間がない分だけ、朝の時間に余裕があったのは助かりました。

夏休みや振替休日のお弁当づくりは大変(写真)夏休みや振替休日のお弁当づくりは大変

子どもの病気による欠席や早退、学級閉鎖

→通院や看病の合間に仕事を進めることができる、子どもを自宅待機させられる

今年の冬は(今年も?)インフルエンザが流行しましたよね。我が家は上の子も下の子も、予防接種をしていたにもかかわらず罹患(りかん)してしまいました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。