ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonで販売中のQuick Charge 3.0対応USB充電器「Tronsmart USB 急速充電器」のレビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazon.co.jp で販売されている 1,500 円前後の安価な Quick Charge 3.0 対応 USB 充電器「Tronsmart USB 急速充電器」を試す機会がありましたので、この製品のレビューをお届けします(記事で使用した商品は、メーカーよりサンプル提供を受けたものです)。「Tronsmart USB 急速充電器」は、Qualcomm の最新急速充電技術「Quick Charge 3.0」に準拠した USB 充電器で、メーカーによると Qualcomm 認証済みとのことです。対応機器も多い、Quick Charge 2.0 と比較すると、Quick Charge 3.0 では、最大 27% 充電速度が向上しつつ、給電中の電力の損失を最大 45% 削減しており、最大でも 38% の給電効率を実現しています。つまり、Quick Charge 2.0 よりも高速に充電できるということです。、「Tronsmart USB 急速充電器」はいたって普通の形状をした 1 ポート USB 充電器で、壁のコンセントに挿して利用することを想定した設計となっています。もちろん、OA タップなどのコンセントにも接続できますが、プラグの向きと横幅の関係で、隣接するコンセントと干渉する場合があります。「Tronsmart USB 急速充電器」は中国メーカー製ですが、過電圧、過電流、過熱、回路のショートが発生した際の故障を防ぐ安全回路保護システムが搭載されており、電気用品安全法の PSE 認証を取得しています。実際に Quick Charge 3.0 対応スマートフォン「HTC One A9(2,150mAh バッテリー)」でテストしてみました。テストは、バッテリー残量がほぼ 0%(電源が入らない状態)から電源を切った状態で充電を開始し、10 分おきにバッテリー残量を確認するというものです。10 分後:16% 20 分後:33%30 分後:45%40 分後:55%Quick Charge 3.0 の特徴は、充電開始後 30 分間の充電の速さです。それ以降はバッテリーの電圧が上がってくることも関係して、充電スピードは鈍化します。「Tronsmart USB 急速充電器」の性能は上記の通りで、以前紹介した PowerPort+ 1 と比較すると、わずかに充電性能は低いものの、Quick Charge 2.0 よりも充電スピードが速いのは一目瞭然。ほぼ期待どおりの性能を発揮していたと言えます。Source : Amazon

■関連記事
Kids Public、スマートフォンを利用して小児科の専門医にチャットで相談できる新サービス「小児科オンライン」を開始
ASUS、ComputexでVRヘッドセット「ASUS VR」を披露
Sony Mobileの米国法人がXperia Xシリーズのプロモ動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。