ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Xperia PLAY SO-01Dを10月26日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは10月19日、Sony EricssonのAndroidスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を10月26日(水)より発売すると発表しました。発売に先立ち、10月22日(土)より全国のドコモ取扱店で事前予約受付が開始されます。Xperia PLAY SO-01Dは、Sony Computer EntertainmentのPlayStation Certifiedを世界で初めて取得したスマートフォンで、Androidゲームのほか、今のところ、初代PSゲームをプレイすることができます。方向キーや△○×□ボタン、アナログスティックの代わりとなるタッチパッドを搭載したスライド式ゲームコントローラーを搭載したところが特徴で、ゲームをタッチパネルによる操作だけではなく、コントローラー操作でもプレイできます。Xperia PLAY SO-01D向けとして提供される初代PSゲームやXperia PLAY最適化済みのAndroidアプリは、”Sony Ericsson、Xperia PLAY SO-01D発売時に提供されるゲームアプリを発表”をご覧ください。スペックは、4インチFWVGA(854×480)サイズの液晶ディスプレイ、MSM8255 1GHz Snapdragon、512MBのRAM、1GBのROM、マイクロSDカードスロット、ステレオスピーカー、背面に510万画素のCMOSカメラ(HD動画撮影対応)、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応。spモードやテザリングには対応しますが、オサイフケータイや赤外線通信、ワンセグには対応しません。Source : NTTドコモ 


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.0(Ice Cream Sandwich)の新機能メモ
Android 4.0”Ice Cream Sandwich”のソフトウェア開発キット(SDK)が公開
Android 4.0搭載「Galaxy Nexus」のプロモ動画が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。