ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フリッツ・ハンセンから新アクセサリーライン「Objects」登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fritzhansen Objects_01

ハイメ・アジョンらがデザインした12アイテム

デンマークの名門家具ブランド・Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)から、アクセサリーライン「Objects(オブジェクツ)」が発売されています。

「オブジェクツ」は、Jaime Hayon(ハイメ・アジョン)やデザインデュオのStudio Roso、Wednesday architectureといったデザイナー陣がデザインした12点のアイテムで構成されています。

シェーカー風の美しいトレイ「STACK」は、アリンコチェアやセブンチェアなどフリッツ・ハンセンのアイコンである名作椅子と同じ素材を使用。本物を伝え続けるフリッツ・ハンセンの伝統、品質、職人技を反映した、正統なアクセサリーラインとして展開されています。

12点のアイテムでスタートしたコレクションですが、今後徐々に新しいアイテムの追加が予定されているとのこと。

美しいデザインと本物の素材の感触で、インテリアとしてそこにあるだけで人々を魅了するコレクションです。

fritzhansen Objects_02 左:ハイメ・アジョンが18世紀後半の蝋燭台を再解釈してデザインした真鍮製のキャンドルスタンド。

右:伝統的な北欧の曲木の箱とシェーカーからインスパイアされたトレイのコレクション「STACK」。Wednesday architectureのデザイン。

fritzhansen Objects_03 左:木とガラス、二つの対照的な素材が調和した花瓶。

右:フリッツ・ハンセンの家具職人・Hans EngholmとSv. Age Willumsenによって1958年にデザインされたトレイ・テーブル。

Objects(オブジェクツ)

販売店舗:フリッツ・ハンセン青山本店

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE OSAKA

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

”幻の1脚”がついに製品化! ウェグナー初期の名作椅子が2脚同時に発表
横浜で「イームズ展」開催! イームズチェアと日本の家具デザインの関わりを探る
東南アジア「スンダ列島」から届いたヴィンテージクラフト! イデーと小林和人氏がセレクト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。