体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット20選~兵庫エリア~

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット20選~兵庫エリア~ 兵庫

日本の時間の標準となる街明石があり、日本海と瀬戸内海の2つの海に接する兵庫。

近年改装工事を終えますます美しくなった姫路城や、渓谷・峡谷・滝などの厳粛かつ壮大な自然など、全国的に有名な観光地も多い。見所いっぱいの街並みはどこに行こうか迷ってしまうほど。

じゃらん編集部から、そんな「とりあえず兵庫行ってみたいけど、どこに行こう?」という方に、ここに行ってみて! というオススメスポット20選をご紹介します。

お城やお寺などの国宝も多く有する兵庫を、様々な楽しみ方で満喫してみて。

姫路城

姫路城シラサギが羽を広げたような美しい姿より「白鷺城」の愛称で親しまれる。

日本に残る規模の整った最大の古城で、天守閣を中心とする8棟が国宝に、その他74の建物が重要文化財に指定、平成5年には世界文化遺産登録されている。連立式天守閣の建築群、優雅な白漆喰総塗籠の外壁等我が国城郭の貴重な資料。

◎豊臣秀吉(1536-98)愛知県生れ。安土桃山時代の武将。太政大臣関白。太閤。楽市楽座令、朱印船貿易制、貨幣鋳造、刀狩、人払、大閤検地などが有名。近世封建制の基礎を確立。

◎黒田孝高(1546~1604)姫路市生れ。安土桃山時代の武将。姫路城主。秀吉の軍師として活躍、天下統一の蔭の力となる。黒田家藩主。如水。

◎池田輝政(1564-1613)愛知県生れ。安土桃山時代の武将。姫路城築城者。家康に従って武功をあげ、「姫路百万石」「西国の将軍」と呼ばれた。

*大天守の保存修理期間中(平成21年度~26年度)の観光についてはこちらからご確認ください。

\口コミ ピックアップ/

平成の大改築も終わり、一般公開されてからはすごい人です。姫路城は大変美しい城です。せっかくなのでぜひ中にはいって、

姫路を見渡してください。とても素晴らしい眺めですよ。 姫路城

住所/兵庫県姫路市本町68

TEL/079-285-1146

営業時間/9:00~17:00 ※入城は16:00まで。4月27日~8月31日は1時間延長

休業/12月29日~12月30日

料金/大人1000円(18歳以上)、高校生300円、中学生300円、小学生300円

バリアフリー設備:盲導犬の受け入れ:○

「姫路城」の詳細はこちら

有馬温泉

有馬温泉大阪から1時間と、都会からのアクセスも良く、風光明媚な温泉。

1300年の歴史を誇る温泉で、大阪から1時間、三宮からなら40分ほどの距離。大都会に近いわりには、しっとりとした風情をもつ。

温泉神社のある高台からながめると、山合いにびっしりすき間のないほどホテル・旅館が立っている。 本温泉脇から六甲川までの約400m、細いつづれ折りの坂道は有馬本街道。昔ながらの格子戸が並び、道ばたの石の道標などに、昔日の面影が偲ばれる。

有馬の湯には、金泉と銀泉の2つの湯がある。金泉は鉄さび色の朱いお湯。噴き出したときは無色透明なのが、空気に触れるとすぐ酸化して朱くなるわけ。

湯をなめると、ずいぶんしょっぱい。海水の2倍もの塩分を含んでいるという。金銀の湯の相乗作用が、胃腸病、婦人病、神経痛さらには「万病にも」効くといわれる。

\口コミ ピックアップ/

大阪からも行きやすい、とても有名な温泉の1つ。

日帰りでも温泉を楽しむことができます。入浴を楽しみ、温泉街をブラブラし、ちょっとした旅行気分を味わえます。 有馬温泉

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。