ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

球体の菜園がロンドンに登場!遠隔操作で温度や湿度が調整可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

syokubutuenロンドン市内に突如、エキセントリックな球体が登場した。その球体の名は「Hortum machina, B」。その中では植物がすくすくと育っている。

これは、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(以下、「UCL」)のインタラクティブ建築研究室内において発足した「地球再生(Earth Rebirth)」プロジェクトの一環として制作されたものである。

・人間と自然との共存がテーマ

同プロジェクトでは、自然(自然資源を含む)と対峙する「人間」、それに対しその人間と同様、自立的かつ社会の一員として振る舞う「植物」という両者の関係を明確にしたうえで、人間と植物(総体としての「自然」を包含する)との共存をテーマに取り組んでいる。

そして、そのプロジェクトの一環として考案されたのが、この正多面体の形をした球体だ。

・球体の中から植物の声が

我々人間が普通に動くことができるのは、脳内の神経系から電気信号が送られているためである。

同様のメカニズムが植物にも働いていると考えた研究メンバーら。植物の表面に電極を取り付け、植物から出る信号を測定。その後、信号増幅器を用いて読み取り可能な測定値へと変換し、周波数に置き換え、植物の声を聞けるようにした。

・ウェブの遠隔操作で植物が自由自在に動く

UCL_Interactive Architecture_ Earth Rebirth_ cybergardener球体の動きは、ウェブ上の遠隔操作により管理されている。球体の中の植物の脚の部分にはセンサーが付いており、温度や湿度、振動といった環境の変化を感じ取る。

センサーにより感知された情報はウェブ上の管理人に送信される。そして、環境が植物に適していないと判断された場合には、ほかの場所への移動が命じられる。

脚の部分を覆う膜は柔らかい素材でできている。環境条件に応じて脚を開閉することができる。

Hortum machina, B

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。