体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

細い階段を上った先はアートな喫茶「屋根裏 貘」

f:id:mesitsu_lb:20160411181555j:plain

みなさま、ご機嫌麗しゅう。

メシ通レポーターのマツーです。

わたくし、普段からのんきにヘラヘラと過ごしておりますゆえ、のんびりくつろげる場所が大好きなんス。

ひたすら「ぼーっ」と過ごすのが、一番の贅沢。珈琲を飲みながら、スローな音楽。サイコーですね。

カフェ……もいいけど、わたくしにはちょっと賑やかで華やかすぎ。

なもんで、喫茶店がベスト。欲を言えば、隠れ家的な店がベストですね。

そんなわたくしが、高校生のころから通っている行きつけがココ。

「屋根裏 貘(ばく)」

ほらほら、「屋根裏」って名前に、心のセンサーが反応しちゃうでしょ?

ここは、知る人ぞ知る老舗の喫茶店なんですが、店があるのは天神のど真ん中、親富孝通りにあるんです。

とはいえ、少し見つけにくいかもしれないので、まずは道案内をします。

f:id:mesitsu_lb:20160411181605j:plain

福岡市営地下鉄「天神駅」から地下街を通って10分くらいの道のりです。

レッツゴー!

f:id:mesitsu_lb:20160411181610j:plain

地下街の一番北側にある「西1出口」を出たら、徒歩で2~3分。

f:id:mesitsu_lb:20160411181615j:plain

店は、「親富孝通り」の入り口辺りにあります。

とここで、他県の人によく聞かれる「親富孝通り」についてトリビアを。

もともと「万町通り(正式名称)」として数多くの商店で賑わっていた通りでした。そして70年代に入り、通りの近くにあった予備校に通う学生が通学路として利用していたことから通称「親不孝通り」と呼ばれるようになったそうです。

バブル期になるとディスコや飲み屋が立ち並ぶようになり、夜の街へと変貌し全国に名を轟かす通りになりました。多くの若者で賑わう一方で治安が悪化したこともあり、イメージアップとして「親富孝通り」へと愛称が変わり、現在も多くの人に親しまれています。

てなわけで、お店へ行きましょう!

f:id:mesitsu_lb:20160510135416j:plain

店に入る前に立ちはだかるのが、仄かに暗くて、狭い急こう配の階段。両サイドにはアート展や映画のポスターが貼られています。

すでにムードたっぷりでしょ!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。