ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タラちゃんに妹がいた! 幻の「ヒトデちゃん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 戦後間もない1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は原作生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版など、記念イベントが続々と開かれている。

 そんなサザエさんの家族というと、父・波平、母・フネ、弟・カツオ、妹・ワカメ、夫・マスオ、息子・タラオ、ペット・タマというメンバーだが、実は原作には、これ以外の家族が登場したことがあるというのだ。

 長谷川町子美術館学芸員の相澤弘子さんが教えてくれた。

「漫画読本という雑誌の企画で、10年後のサザエさんが描かれています。そこで1度だけ“ヒトデちゃん”というタラちゃんの妹と思われるキャラクターが描かれています」

 ヒトデちゃんが登場した『漫画読本』(文藝春秋)は1954年12月に刊行されている。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
タマ以外の磯野家のペット 犬のエルザ、リス、カメなど
波平の双子の兄・海平 フネが間違えるほどそっくり
サザエさん 作者が海岸を散歩していたから海産物の名前に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP