体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題のコカ・コーラのボトル型ケーキに挑戦!完成したときの達成感がすごかった

フランスのステファニアとジュゼッペのカップルがお送りするクッキングサイト『cuisine avec nous』ではコカ・コーラのボトルそっくりのケーキのレシピと動画を公開しています。
2015年に公開するや否や世界中で話題になり、つい先日も日本のTwitter上で話題をさらっていました。

というわけで今回は揃えられる材料を使いつつ、コカ・コーラのボトルみたいなケーキをつくってみましたよ!

【関連:好きなだけ発掘できるぞー!宮内庁の許可もいらないぞー!古墳マニア大絶賛の奈良の『古墳ケーキ』】

公式サイトによると材料はダークチョコレート600g、スポンジケーキ200gを短冊状に切ったもの、ホイップクリーム400g、マスカルポーネチーズ250g、砂糖50g、バニラシュガー1袋、シロップ用の水150ml、砂糖40g、マラスキーノ(さくらんぼのお酒)となっていますが、今回は都合により以下の材料でつくってみました。

■材料

コーラケーキの材料

<本体>
・空のコカ・コーラペットボトル:1Lボトル1本
・板チョコレート:12枚
・一口カステラ:2袋 (季節外れでスポンジが入手できなかったため)
・ホイップクリーム:250g
・マスカルポーネチーズ:200g
・バニラエッセンス
 
<シロップ用> 
・水:1/2カップ
・サクランボのブランデー:30g
・砂糖:30g

<道具> 
・調理につかえる薄手のゴム手袋
・小さめのハサミ
・シロップを塗るための料理用ハケ
・カッター

■つくっていくよ!

まずはコカ・コーラ1Lを一気のみしま~す。というのは冗談で、空のペットボトルをあらかじめ準備してください。今回編集部では準備ができていなかったため、手分けして飲みました。さて、最初の作業はボトル中央部に小窓のような切れ目を入れること。縦15センチから20センチくらい、幅5センチから7センチくらいの長方形に切っていってください。

次に湯煎したチョコレートを満遍なく流し込み、冷凍庫で30分ほど冷やします。これを3回繰り返します。

チョコレート

次に鍋に水と砂糖を入れて加熱し、砂糖が溶けたら火を止めます。ある程度冷えたらブランデーを加えます。これがシロップになります。
シロップができたら一口カステラに塗っていきます。

シロップをカステラに塗っていく

3回目のチョコレート流し込みから1時間以上経ったらボトルを冷凍庫から取り出して、中にカステラとバニラエッセンスを加えて泡立てたホイップクリームを交互に入れていきます。終わったら切り込みの部分をチョコレートを塗ってふさぎ、さらに3時間以上冷凍庫で冷やします。
ちなみに今回はカステラを用意しましたが、中に詰められれば何でもいいらしいので、シュークリームにクッキーにと色んなものを詰めて楽しめそうです。

カステラとホイップクリームを交互に入れていきます

最後に冷凍庫から取り出してゴム手袋を嵌め手の熱でチョコレートが溶けないようにして、ボトルをハサミで切り、ゆっくりと中身を取り出します。このときに手を怪我しないように十分に注意してくださいね。
コカ・コーラのボトルについていた蓋とラベルをつけたら出来上がりです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会