体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの富士高原桜麦酒が待望の東京進出! 「BeerBar富士桜Roppongi」に行ってきた【ビール】

f:id:Meshi2_Writer:20160407120928j:plain

ビールが苦手な人に飲んでほしい「ヴァイツェン」

あれは2年前、2014年のこと。

世界30か国以上、700種類ものビールの中から選ばれる、ワールド・ビア・アワード2014で見事「ワールドベスト・スモークド」(スモークフレーバー部門で世界一)に日本のビールが選ばれたと聞いて、「いったいどんなビールなんだろう?」と興味がわいた。

その名は、富士桜高原麦酒。

山梨県・河口湖のそばでつくられるビールである。

幸いにも近くのスーパーで、瓶入りのものを購入できた。早速飲んでみれば、まず香りの豊かさとノド越しの重厚感に……やられた。晩酌でひとり、カンゲキ。なんてうま味が濃いんだろう……! ああ、いつかこの「生」を飲んでみたい。

けれど山梨の直営レストランにはなかなか足を運べず、またビアイベントでも富士桜とは縁がないまま、時が経ってしまった。

しかし!!

f:id:Meshi2_Writer:20160407121007j:plain

富士桜高原麦酒の直営店が、とうとう東京にこの春オープン。

さっそく『メシ通』の編集者を半強制的に説得して、取材をしてきたのである!

f:id:Meshi2_Writer:20160506143025j:plain

いらっしゃいませ、「BeerBar富士桜Roppongi」へようこそ!

迎えてくれたのは、支配人でビアソムリエの前田武志(まえだ・たけし)さん。

f:id:Meshi2_Writer:20160407121504j:plain

わが社のビールは、富士山の天然水を使用しています。ミネラルに富んで硬度もちょうどよいこの地下水は、ビールづくりにとても適しているんですね。それがやはり、おいしさの大きな理由のひとつだと思っています。水の良さをいかした、うちの代名詞のひとつ「ヴァイツェン」をまずは味わってみてください。(前田さん)

f:id:Meshi2_Writer:20160407121742j:plain

「ヴァイツェン」Mサイズ 756円(250ml)、Lサイズ 1,080円(500ml)、Massサイズ 2,052円(1,000ml)

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy