ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの富士高原桜麦酒が待望の東京進出! 「BeerBar富士桜Roppongi」に行ってきた【ビール】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ビールが苦手な人に飲んでほしい「ヴァイツェン」

あれは2年前、2014年のこと。

世界30か国以上、700種類ものビールの中から選ばれる、ワールド・ビア・アワード2014で見事「ワールドベスト・スモークド」(スモークフレーバー部門で世界一)に日本のビールが選ばれたと聞いて、「いったいどんなビールなんだろう?」と興味がわいた。

その名は、富士桜高原麦酒。

山梨県・河口湖のそばでつくられるビールである。

幸いにも近くのスーパーで、瓶入りのものを購入できた。早速飲んでみれば、まず香りの豊かさとノド越しの重厚感に……やられた。晩酌でひとり、カンゲキ。なんてうま味が濃いんだろう……! ああ、いつかこの「生」を飲んでみたい。

けれど山梨の直営レストランにはなかなか足を運べず、またビアイベントでも富士桜とは縁がないまま、時が経ってしまった。

しかし!!

富士桜高原麦酒の直営店が、とうとう東京にこの春オープン。

さっそく『メシ通』の編集者を半強制的に説得して、取材をしてきたのである!


いらっしゃいませ、「BeerBar富士桜Roppongi」へようこそ!

迎えてくれたのは、支配人でビアソムリエの前田武志(まえだ・たけし)さん。


わが社のビールは、富士山の天然水を使用しています。ミネラルに富んで硬度もちょうどよいこの地下水は、ビールづくりにとても適しているんですね。それがやはり、おいしさの大きな理由のひとつだと思っています。水の良さをいかした、うちの代名詞のひとつ「ヴァイツェン」をまずは味わってみてください。(前田さん)

「ヴァイツェン」Mサイズ 756円(250ml)、Lサイズ 1,080円(500ml)、Massサイズ 2,052円(1,000ml)

う、うまい……。

小麦麦芽を50%以上使用した、なんともフルーティな仕上がり。コクがしっかりとあるのに、スルッと飲みやすいのが面白いなあ……。ああ、グビグビいってしまう。

そうでしょう? この「ヴァイツェン」は、ビールが苦手な方にも好評なんです。というのは、仕事関係の会食などでいらっしゃたものの、ビールが苦手なお客様もこの「ヴァイツェン」を飲むと「これなら飲める」「はじめてビールをおいしいと思った!」なんて言ってくださる。もちろん、ビール好きの方にもおすすめ(笑)。(前田さん)

なるほど。「クラフトビ―ルって重すぎて、正直苦手」という声、実際「ビール好き」からも聞かれる。そういう人にも、ぜひトライしてほしい味わいだ。ああ、あのフルーティさ……忘れられない。

ビール党に激おすすめ「ラオホ」「ピルス」

「ラオホ」Mサイズ 756円(250ml)、Massサイズ 2,052円(1,000ml)

そしてこれが、ワールド・ビア・アワード2014で「ワールドベスト・スモークド」に輝いた「ラオホ」の生。麦芽を乾燥させるときにスモークしてつくられるため、独特の芳香が生まれるのだそう。

さっそくいただいてみれば、まずクリーミーで粒立ちのきれいな泡のうまいこと! 続いてビールが口に入ってきたときのタッチがなんとも、ソフトでまろやかなんだなあ。チョコレートやカシスを思わせるようなニュアンスを感じつつ、きれいに後味が消えていく。残るのは、うまいビールを飲んだという充足感……。

たまらん!

「ピルス」Mサイズ 756円(250ml)、Lサイズ 1,080円(400ml)、Massサイズ 2,052円(1,000ml)

つづいてこちらが「ピルス」、「ラホオ」とはまた全然違うタイプの味わいです。ホップのフレッシュでナチュラルな味わいが楽しめるビールですよ。一般的なラガービールの感じと思っていただければ、分かりやすいと思います。(前田さん)

おお、これはスーッと飲めるビールですねえ。飲みやすいのに軽すぎず、それでいて満足度が高い。

日本で「飲みやすいビール」となると、味が薄いというか、膨らみのない、ひらたい味わいになりがちに私は思うのですが、この「ピルス」の軽快さと味の深みが同時にある感じ、好きだなあ。

山梨の恵みを生かした秀逸フード


これらのビールとの相性バツグンのうちの料理も、ぜひ味わってみてください! 我々の本社がある山梨の良質な食材を使ったものをご紹介。クラフトビールにはぜひ、クラフトフードを合わせていただきたいです。

と、イケメン店員さんがおすすめしてくれた料理の数々、ご覧あれ!

甲斐サーモン コンフィ (1,274円)

山梨の豊富な天然水はビールづくりだけでなく、淡水魚の養殖にも使われている。その代表的なもののひとつがこの甲斐サーモン。

味わいのすっきりとしたニジマスを、低温の油でじっくりと火通しするコンフィ仕立てに。中はしっとり、皮はパリッと香ばしい理想的な仕上がりとなっている。

「ピルス」などの繊細な味わいのビールによく合います。口の中の脂分をきれいに洗い流してくれますよ。ちなみにうちのシェフはフレンチ出身。フランス料理の技法をいかした料理が楽しめます。

揚げ信玄鶏 (2,030円)

山梨県産地鶏はくさみの無さ、淡泊で食べよい味わいが身上。しっかりと揚げられた皮目はカリカリと香ばしく、プリッとした肉質は弾力も上々。ああ、なんと理想的なビールのアテだろうか。

また先のサーモンも同様だが、添えられた野菜のうまいこと! いずれも味が濃くて、主菜同様の魅力を放っている。


いくらメインがおいしくても、野菜類が良くなくては「ひと皿」としてダメだと思うんです。それが私たちのお店の信念。野菜も山梨のよいものを伝えつつ、全国のそのときの旬のものを織り交ぜながら、ご提供していますよ。

そして「おひや」がまたいい。ここのビールづくりにも用いられている「富士桜命水」が供される。柔らかで素直な味わいの水を補給しつつ、クラフトビールを堪能しよう。

個室も充実。ビアバーでありながら、会食や接待といったシーンにも好適だ。

もちろんカウンターでサクッと飲むもよし。クラフトビール好きな女性のひとり客も少なくない。チャージは300円(個室利用の場合は別途500円プラス)。

近年、クラフトビール人気はますます高まって、海外からも注目が集まっています。外国の方からの問い合わせや注文もおかげさまでいただいており、海外へ発信していきたいという意味も込めて、六本木での直営店オープンとなりました。ビール1杯でも、どうぞお気軽に飲みにいらしてください!(前田さん)

この富士桜の「生」を飲むために来日した、なんて海外からのお客さんが早くも訪れているようだ。小規模生産ならではの濃密で繊細な味わいのクラフトビール、ぜひ体験してみてほしい。

この夏は、日本の良質な手づくりビールを味わってみませんか?

お店情報

Beer Bar 富士桜 Roppongi

住所:東京都港区六本木4-8-7 嶋田ビルB1F

電話番号:03-5411-3333

営業時間:月曜日〜木曜日 17:00~23:30 (料理LO 22:30 ドリンクLO 23:00)

金曜日・祝前日 17:00〜翌5:00 (料理LO 翌4:00 ドリンクLO 翌4:30)

定休日:日曜日、祝日の月曜日

ウェブサイト:http://www.beerbar-fujizakura.jp/


撮って書いた人:

白央篤司(はくおうあつし)

フードライター。雑誌『栄養と料理』などで連載中。「食と健康」や郷土料理がメインテーマ。著書に「にっぽんのおにぎり」「にっぽんのおやつ」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)がある。 facebook:atsushi.hakuo ブログ:独酌日記

白央篤司さんのすべての記事

関連記事リンク(外部サイト)

シネフィルよ、喰らえ。「第28回東京国際映画祭」で超人気店の味をお手頃に堪能できる「東京映画食堂」開催だっ!
エナジードリンク×スムージー!? 成功者を目指すなら、コレを飲んで翼を授かろうではないか
伊豆・伊東から新鮮な地魚を直送! 六本木『紺碧の海』の「一皿会席」に舌鼓。

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。