ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語をマスターするために単語や文法よりも大切な4つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!KEIです!フィリピン留学を開始して、あっという間の1か月が経過しました。リアルタイムなフィリピン留学の写真はInstagramにて更新中です!

 

”小学校お受験”して以来、1度も勉強をしたことがなかった僕が、人生23年目にしてたった1ヶ月ちょい英語を勉強して、偉そうに英語に関する記事を書いています。

photo by Kazuki Kiyosawa

そうなんです。僕、本当に何も勉強してきませんでした!(机の上では)中学はエスカレーターで上がり、大学は“スポーツ推薦”で中央大学に入学しました!

1度も受験勉強をしなかった「頭の中お花畑系男子」です。

(頭からっぽの方が夢詰め込めるってドラゴンボールも言ってたし、大丈夫)

 

今回は、こちらで勉強してみたり、他の生徒さんを見ていて気付いた「考えてみれば当たり前だけど、盲点だった!」英語に関する気付きをまとめたいと思います。(入学当初は、Be動詞から始めました。)

 

1.言語以外の情報が不可欠

photo by pixabay

いきなり当たり前なんですが、1番見落としやすい盲点なのではないでしょうか。そうなんです。所詮は言語で”コミュニケーションツール”でしかない。

この意味わかりますか?

仮に、全部の言葉をきっちりクッキリ訳せても、言い回し方や、ニュアンス、その裏に存在する社会的背景や、知識、言語以外の情報がないと、会話が出来ない。

話す内容がないからです!

 

例えば、日本でも“言語以前”にその内容を知らなければ、会話は成り立ちませんよね。

「知識」と「言語」というものは、似ているようで全く別のものなのです!

photo by pixabay

そして、“言語の表面上の意味”だけを理解するのもよくありません!例えそれが出来ても、「Google翻訳で訳したみたくなる」と思うんですよ。

不自然な英語ですね。

 

洋楽とかを訳すと、訳分からなくなる時があるじゃないですか。それがこれだと思います!

その言い回し方が、ニュアンスが、というのは言語の壁を超えた、人間的な背景なのではないでしょうか。

 

2.そもそものコミュニケーション能力が重要

photo by pixabay

以前日本にいた頃、僕は「英語をめちゃ勉強する」=「外人と喋れるようになる」って錯覚してました。

例えば、TOEIC900点の人はペラペラに喋れるだろうなって。

 

これ、スーパー盲点なんです。当たり前なんですけど、同じ国の、同じ言語の人たちと、まともにコミュニケーション取れない人が、いくらボキャブラリーを増やしてもコミュニケーション能力がないから話せない!当たり前なんです!

 

TOEICのスコアが高かったり、黒板上ではすごい文書かけても、いざ会話になると全然話せないそんな人を否定してるわけじゃないけど、僕が気付いたポイントです。

 

そして、日本語で話せない内容は 当たり前だけど、英語でも話せません。いや、当たり前か。勉強すればするほど、所詮言語ということに気付かされます。

 

3.実はニュアンスが大切

photo by pixabay

というのも、例えば日本の「誕生日おめでとう!」って海外の「Happy birthday」じゃないですか。

これ、全然訳されてないのお気付きですか?

 

全部しっかり訳してたら「Google翻訳になっちゃう」ってこういうことで、「所詮言語なので、その背景にあるニュアンスや社会的背景が大切」ということも感じます。例えば、英語を訳せても「アメリカンジョーク」の意味が分からなければ笑えませんよね? それと同じなのです!

 

see、watch、look (見る/観る)

の違いも、ニュアンスや感覚で区別するでしょ?

 

でも日本の教科書では、「ニュアンスで」なんて書けないから、わざわざ構造化して、混乱してしまう生徒が続出するのではないでしょうか(僕もその1人)

「一応訳さなきゃいけないから、無理に訳してます」ってどっかに書いておくべきだと思う!

 

だから、英単語を無理に文字化して覚える必要はないのかなと感じます。ニュアンスなんでイメージ(絵とかで)覚えてもいいのかなと思います。

 

STAR=★みたいな感じで、「STAR」と聞いたらお星様がすぐイメージできるように「人の名前を聞いた途端、脳で誰だか認識できるor その逆」以上の頭の切り替えが大切。つまり、

 

=トランスレーション(切り替え)能力がかなり大切

だと思います。だから、早くから始めるのは本当にいいことですよね!ポケモンなんて、子供の頃いくらでも覚えられたもん。

 

4.1番大切なのは、自分にあったスタイルを見つけること!

photo by pixabay

「何を目的に英語を勉強していますか?」

 

中・高の頃の僕であれば、「小テストに合格するため」と答えていたでしょう。過去の僕はその小テストの奥の目的を知らなかったんです。

その小テストの目的は、その単語を使って「英語でコミュニケーションを取ること」。

 

つまりは、「いくら覚えても、使えなければ、コミュニケーションが取れなければ無意味」というのが僕の英語理論です。

時に「英会話」という深い森に踏み込むには、万全の準備をしていかなければいけない。もっともっと強い武器(英単語)を集めてからでないと、殺される…。

そんな錯覚に捕らわれることもあるかと思います。もちろんそれも正しいひとつの意見です。でも、僕のスタイルは

 

「まぁ簡単な短剣1本持って(中学生レベルの英単語)、必要なものは森の中で集める/集めながら強くなっていく」というスタイルです。時にやられ、時に仕留め、実践で経験値を貯め、レベルアップ。

完璧に勇者タイプの人間です。

photo by pixabay

「英語に対する目標」を決めて(TOEIC900点代取るとか、英語でコミュニケーション取れるようになるとか)その目標に向けて、自分で自分にあったスタイルを見つける!

スポーツにおいても、勉強においても大切なのはそこだと思います。

 

ひと月前にBe動詞やってた僕が偉そうに話せることじゃないんですけど、言語の壁を超えた部分は 説明できるんじゃないかなって、思って書いてみました!

 

最後に…

他言語を話すにあたって、不安そうに話すのは分かる。

けど、自分の国の言語くらい、自分の意見くらい、自信持って話そうぜ!

関連記事リンク(外部サイト)

セブ島のオススメ語学学校5選!
フィリピン留学を考える時に、チェックしておきたいブログ7選
フィリピン留学経験者10人に「留学中の気候・休日の過ごし方」を聞いてみた!
日本で外国人の友達をつくる10の方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP