ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米テレビ局がスポット拒否した問題作『ニュースの真相』予告編緊急公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 既にマスコミ関係者の間で話題を呼んでいる映画『ニュースの真相』が2016年8月より全国順次ロードショーとなる。その予告編第一弾(http://y2u.be/-KldVcXe3OU)が緊急公開された。

 映画『ゾディアック』『アメイジング・スパイダーマン』などで脚本を務めたジェームズ・ヴァンダービルトが監督した本作は、アメリカ・CBSニュースのベテランプロデューサー、メアリー・メイプスの自伝を基に、大スクープとその波紋の一部始終の完全映画化作品。政権を脅かすスクープ、その後窮地に立たされる番組スタッフ、事態の収束を図る局の上層部などをすべて実名で明るみに出す、今、最もタイムリーかつ最大の問題作だ。たとえ窮地に追いやられるようなことが起こったとしても、自らの仕事に対する誇りや信念、仲間への忠誠も失わない、まさに“プロフェッショナル”たち。全米公開時にはTVスポットをCBSが拒否するなど、物議をかもしだしたことでも話題となった。

 そして日本公開決定に伴い、話題を先取りする予告編第一弾が緊急公開。メアリー・メイプスをケイト・ブランシェット、彼女と共に大統領の暗部を暴こうとする、伝説のジャーナリストにして人気アンカーマン、ダン・ラザーをロバート・レッドフォードが演じている。人々の心を揺るがす二人の迫真に迫る演技も見所となりそうだ。

(C)2015 FEA Productions, Ltd. All Rights Reserved

◎映画『ニュースの真相』
2016年8月よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次ロードショー
出演:ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード、エリザベス・モス、トファー・グレイス、デニス・クエイド、ステイシー・キーチ ほか
脚本・監督:ジェームズ・ヴァンダービルト
原題:TRUTH/2015年/アメリカ・オーストラリア/125分/シネスコ/5.1ch/英語/日本語字幕:松浦美奈
配給:キノフィルムズ
<STORY>
 ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた2004年。アメリカ・CBSニュースのベテランプロデューサー、メアリー・メイプスは、伝説的ジャーナリスト、ダン・ラザーがアンカーマンを務める看板番組で、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送し、全米にセンセーションを巻き起こした。だが、「決定的新証拠」を保守派のブロガーが「偽造」と断じたことから一転、メアリーやダンら番組スタッフをはじめ、CBSは猛烈な批判の矢面に立たされる。同業他社の批判報道もとどまるところを知らず、ついに上層部は内部調査委員会を設置。ブッシュに近い有力者も含まれる委員会との不利な闘いを前に、メアリーは勇気を奮い起こす。圧力に屈することなく、真実を伝えるジャーナリストとしての矜持と信念を伝えるために――。 

関連記事リンク(外部サイト)

ライアン・レイノルズ 映画『デッドプール』に次ぐ最新作『セルフレス/覚醒した記憶』が9月に日本公開
J.J.エイブラムス製作『10 クローバーフィールド・レーン』日本版予告公開
正義感ゼロのR指定アンチヒーロー映画『デッドプール』本編映像解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP