ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】嵐、最新SG『I seek / Daylight』と前作『復活LOVE』の売れ行きに違いはあるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月30日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、嵐『I seek / Daylight』が73.4万枚のビッグセールスで断トツの1位を獲得。セールス力があるジャニーズ勢の中でも圧巻の枚数を叩き出す結果となった。

 大野智主演のTVドラマ『世界一難しい恋』主題歌「I seek」と松本潤主演のTVドラマ『99.9刑事専門弁護士』主題歌「Daylight」を収録している本作。リリース前から楽曲を耳にする機会も多く、広く世に浸透していたこともあってか前作『復活LOVE』よりも20万枚以上もセールスを伸ばした。では、両作でセールス動向に違いはあるのか。SoundScan Japanのセールスデータから両作の店舗での初週売上げ枚数を地域順で見てみると、トップ10は下記のようになった。
『I seek / Daylight』
1位:東京
2位:神奈川
3位:愛知
4位:大阪
5位:埼玉
6位:北海道
7位:千葉
8位:福岡
9位:兵庫
10位:静岡
『復活LOVE』
1位:東京
2位:神奈川
3位:愛知
4位:大阪
5位:埼玉
6位:北海道
7位:千葉
8位:兵庫
9位:福岡
10位:静岡
 福岡と兵庫の順位が入れ替わっただけで、他は両作とも順位が同じになっており、動向としてはほぼ違いがない。また、セールスの中心は大都市を抱える地域になっていることがわかる。上位で大きく枚数を積み上げていることもあるが、10位以下のすべての地域で4桁のセールスをキープしているのが特徴的だ。この傾向は他のアーティストではなかなか見ることができない。大都市を抱える地域で高いセールスを誇り、なおかつその他の地域でも着実に高セールスを重ねたことが、今回のビッグセールスに繋がったと言える。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】嵐『I seek / Daylight』が2週連続のトップを狙う!
嵐「I seek」シングル・セールスで大差を付けて総合首位、安室奈美恵「Mint」ラジオとダウンロード1位で総合2位に
嵐 シングル『I seek / Daylight』は週間73万枚超を達成、SHINeeやアイマス、安室奈美恵ら注目作続々のTOP5

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP