体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秘密結社フリーメイソン入会の儀式映像!? フリーメイソンの今と昔

111019dorusatu.jpg

「秘密結社フリーメイソン」についての都市伝説というのは、今も昔も人々の興味をそそりますよね。日本でも『やりすぎコージー』(TV東京系列)の特集では、その人気の高さはかなりのものだったようです。その理由の1つが秘密結社と言われているように、その神秘性だと思われます。
 
しかし『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』の記事によると、最近のフリーメイソンはウェブで会員を獲得しようとしているようです。秘密結社と言われていたのは、もう昔のことなのかもしれません…。

では昔のフリーメイソンはどのような組織だったのでしょうか?その実情は会員でないとわからないとは思いますが、モーツアルトの『魔笛』や、映画『アイズ ワイド シャット』のようにフリーメイソンの儀式を再現しているのではないかと言われている作品も多く存在しているようです。

そして今回見つけたのが、「極秘フリーメイソンの儀式@トルコ イルミナティ」 という題の動画。

こちらはフリーメイソンの新会員の入会の儀式という説明になっています。確かにフリーメイソンといえば動画にもあるように、二本柱の間を目隠しで通るという儀式が有名ですが、ではこれは隠し映像ということなのでしょうか?
真偽のほどはさだかではありませんが、白黒映像のせいもあってかオカルト的に見えますよね。

また、神秘学の巨人ルドルフ・シュタイナーのフリーメイソンについて書かれた本『神殿伝説と黄金伝説―シュタイナー秘教講義より』(国書刊行会)では、フリーメイソンは古代エジプト時代、神から直接霊感を与えられるために行われていた秘儀を、18世紀以降その古代の叡智がなくなり形ばかりとなり、その秘儀を誤用しはじめたとしています。

そんな話を念頭に置きながら、現在フリーメイソンがネットで会員を獲得しようとしているという記事を目にすると、妙に納得してしまったのは私だけでしょうか?
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版スクエア・アンド・コンパス・ロッジ No.3やりすぎコージー
(chick)


(マイスピ)記事関連リンク
秋の京都を自転車で走る! 伝説が眠る魔界を訪ねる「京の魔界めぐり」サイクリングツアー
10年ほど前、霊能者の話のつづき[ヘルスピ・ロックンロール]
新事実! インドのスーリヤ寺院に刻印された2020年の「最後の日」が実はマヤ暦と一致していた!?

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。