ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで聴く音楽を立体的に!イコライザーアプリ「Boom」にiOS版登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Youtubeなどで素人が制作したムービーを視聴するとき、「残念ながら音がいまひとつ…」といった経験はないだろうか。

また、プロの音楽でも、もっとリアルに味わえるに越したことはない。そこで活躍するのが、周波数を調整することで音質を改善するイコライザー機能。このほどリリースされたiOSイコライザーアプリ「Boom」を紹介しよう。

・好評のMac版に続くアプリ

Boomは、iPhoneやiPadに入っている音楽をより立体的にしてくれるアプリ。このアプリを使うことで、普通のイヤホンでも臨場感のある音を楽しめるようになる。

Mac版が先に展開されていて、好評なことからiOS版の登場となった。

・マニュアル操作も

Boomには「ポップ」「バスブースター」など21種類ものプリセットが用意されている。聴きたい曲に合うものを選んで適用すると、より高品質の音に変換される。

また、マニュアルで16バンドを調整できるので、自分好みの音を模索することも可能。例えばもっと低音の音を響かせたいというとき、「Bass」のスライダーを動かしてアレンジできる。

・どんなイヤホンにでも使える!

最近は、イコライザー機能つきのイヤホンも発売されているが、このアプリは端末にイコライザー機能を加えるのでどんなイヤホンでも使えるのが売り。

高品質の3Dサウンドを楽しみたいという人は、まずは5日間のトライアルを試してみてはいかが。

Boom

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP