ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

磯野家の30年後 カツオがチェックすべきは「波平の借金」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国民的テレビアニメ『サザエさん』一家の30年後をシミュレーションした新書『カツオが磯野家を片づける日』が話題を呼んでいる。

 舞台設定はこうだ。20XX年、アニメでは54歳だった波平が84歳で他界した。妻のフネは認知症の症状が出始め、磯野家はゴミ屋敷と化してしまう。そして41歳になって地方赴任から戻ってきた長男のカツオが“実家の片づけ”という難題に直面する。

 なお、サザエ(54)は実家近くにマイホームを購入。夫のマスオ(58)、長男のタラオ(33)とともに移り住んだが、ローンの支払いが苦しく、家計を支えるべくコンビニでバイトする毎日。

 定年目前のマスオは、大阪に住む実母が認知症を患ったためたびたび帰省せねばならず、磯野家に顔を出せない。結婚して2児の母となったワカメ(39)は職場復帰し、実家のことにはノータッチ。結局、独身のカツオが一人で実家の片づけを背負うという設定だ。

 磯野家は世田谷区にある庭付き一戸建ての3LDK。アニメでは、放送開始から何十年が過ぎても建物の劣化はないが、「30年後」という設定の下では築50年以上のボロ家と化しているうえ、相続も問題になる。

 著者で実家片づけアドバイザーの渡部亜矢氏がいう。

「磯野家は日本の家庭の最大公約数的な存在。かつては“家のことは女性に任せる”という考えが通っていましたが、この20~30年で女性の社会進出が進み、姉や妹を頼れないと悩む男性が少なくない。今回『41歳のカツオ』として、原作の世界観とは異なりますがシミュレーションしました。そうすることで、問題を解決するヒントが見えてきます」

 では、41歳のカツオはどう行動すべきなのか。

●「波平に借金がないか」をまずチェック

「姉さんもワカメも“忙しい”っていうばっかりで、何もしない。とにかく要らなそうなものから捨てていこう」──物が散らかり雑然とした家を前に、カツオはそう考えた。男手ひとつの状況であれば、有力そうな選択肢だが、渡部氏によればこれは絶対NGだ。

「財産を処分すると、その段階で、『すでに遺産相続を受けている』と見なされる可能性があります。その場合、問題になるのが、後になって波平の借金が発覚するケースです。相続放棄ができなくなってしまう」

 亡くなった親に借金があっても、相続放棄をすれば借金を背負わずに済むが、その手が使えなくなるのだ。

「ゴミを捨てる程度なら問題ないのですが、もし気付かずに骨董品など価値のある財産を処分してしまった場合、『財産のすべてを相続する』意向だと見なされます。この『財産』には借金も含まれるので、波平さんが家族に借金を隠していた場合、カツオさんは思わぬ負債を背負い込むことになります」(みずほ中央法律事務所の三平聡史・弁護士)

 しかも、片づけにタッチしていないフネ、サザエ、ワカメが相続放棄すれば、借金はカツオ一人で返さなくてはならなくなる。「ひどいよ姉さん……」と愚痴っても取り返しはつかない。兄弟とて相続では非情な決断が珍しくないのだ。

 では、波平の借金を調べるにはどうすれば良いのか。三平氏が続ける。

「貸金事業者、クレジット事業者等からの借金は、信用情報機関である『日本信用情報機構(JICC)』などで開示請求ができます。滞納通知が来るかどうか様子を見るのも有効です」

●「片づけ業者に任せればいい」に待った!

 幸い波平に借金はなかったことが確認できた。四十九日までには部屋を綺麗にしたいと思っているカツオだが、相変わらずサザエとワカメは非協力的で、しまいにはサザエが「ゴミばっかりなんだから早く処分しましょうよ。今はやってくれる業者もあるんだし」と言い出す。カツオもそれで仕方ないかと首をタテに振る……が、渡部氏はこれにも待ったをかける。

「業者に頼むと処分費用がかさむうえ貴重な財産をゴミとして捨てられるケースがあります。美術品やコイン、切手は専門業者に鑑定してもらうと高値がつくこともある」

 アニメのなかで、波平は趣味で骨董の壺を買うものの目が利かず、家族のヒンシュクを買ってばかりいた。しかし、家族も詳しくはないわけで、中にはお宝が眠っている可能性があるのだ。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
「カツオが不漁」のニュースを磯野家の一大事と勘違いする妻
美肌にいいと話題のカツオの心臓「ちちこ」串焼き2千本即完売
子供に片づけさせる方法 親の手助け厳禁で見守る我慢必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP