ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都市伝説レベル?アメリカ各州の「冗談としか思えない法律」(45選)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。

その一つひとつを、わざわざOlivet Nazarene大学の研究員たちが、歴史の書物に埋もれながらリサーチを重ね、由来なるものを見つけ出し、インフォグラフィックで紹介しています。思わず笑ってしまいそうな内容を厳選しました。これ、どこまで本気なの?

01.
写真を撮ることを目的に
寝ているクマを起こすべからず
(アラスカ州)

実際のところ、この眉唾ものの法案が現在でも存在しているかは不確かだが、本気になったクマは時速25マイル(40キロ)の速さで走れることをご存知?そんな事実を踏まえて、寝ているクマを起こすことはそもそも名案ではない、ということか。

02.
お風呂場で
ロバが寝るのは違法
(アリゾナ州)

1924年の出来事。ダムが決壊し、牧場主の所有地が洪水に見舞われたそう。たまたまその日、牧場主が飼っていたロバがお風呂で居眠りしていたことから、この法案が誕生したと思われる。以降この法は有力であるとされている。

03.
ジャンプコンテストで
命を落としたカエルは、
原則食べてはならない
(カリフォルニア州)

カリフォルニアの「魚とゲームの法体系」によると、命を落としたカエルは人間に被害を及ぼす物質を出すのだとか。被害に遭わないよう、人間を守るために制定された法のようだ。

04.
薬物を摂取した状態で
馬に乗ってはいけない
(コロラド州)

今日でも実在する法。2013年にこの法を破り捕まった男が実際にいる。が、飲酒運転とはまた違い、交通の法という扱いだそう。

05.
ピクルスは飛び跳ねない限り
ピクルスではない
(コネティカット州)

1800年代に、ピクルスと化したきゅうりの酢漬けを通常の値段より高く売りつけたグループが存在したそう。この催事をきっかけに、政府当局は「飛び跳ねなければ本物のピクルスではない」と線引きをしたのだとか。

06.
ドライブインシアターでの
R指定上映は原則禁止
(デラウエア州)

RやX指定の映画は、青少年に不適切だという理由から設立された法。そのため、子どももいるであろう屋外での上映が禁じられている。

07.
ゾウにも駐車代がかかる
(フロリダ州)

これは、ゾウを縄で路上のパーキングメーターに縛り付けた場合、自動車と同じ扱いとなり、滞在時間分の料金が請求されるというもの。法的には、たとえそれがゾウであろうと、馬であろうと、ラクダでも、メーターを使うのであれば料金が発生するということ。「リングリングブラザーズ・サーカス団」が冬のショーをフロリダで開催するようになった、1920年代に制定された法ではないだろうか。

08.
誘惑目的・商品として
動物を扱ってはいけない
(ジョージア州)

アセンズのクラーク郡のみで定められた法案。おなじくジョージア州では、日曜日にアイスクリームのコーンを背後のポケットに入れることが違法とされている。

09.
耳の中に
コインを入れるのは違法

(ハワイ州)

一説によると、ハワイ州が州となった年にハワイ王国時代にあった、貨幣制度を存続させるために定められた法と記載があるらしい。

10.
自分の敷地内から出た
土や瓦礫を道路へ出すな
(アイダホ州)

アイダホ州イーグルに暮らす人のみの法。所有する土地から土砂や瓦礫類などを道路へと放置することは禁止されている。

11.
調理実習を受ける生徒は
未成年でも飲酒OK?
(イリノイ州)

2012年に通った法。料理教室の生徒は、「すすって吐き出せば」お酒を口の中に含んでも大丈夫とのこと。もちろん、飲酒自体はダメだ。

12.
キスを頻繁にする男性は
髭を蓄えてはいけない
(インディアナ州)

これが本当かどうかは不確かであるが、インディアナ州の最高裁判所は1972年に、「憲法上、髭を生やすことに問題ないが、連邦政府によっては認められていないため、髭をなくすよう法律を制定することができる」と宣言した。

13.
高速道路にレンガを
投げ捨てても許される?
(アイオワ州)

マウントバーノンでのみ該当するこの法。高速道路にレンガを投げ捨てる場合は、まず書面による許可書を、市議会に事前に提出することが義務付けられている。

14.
大型施設にはアートが必要
(ワイオミング州)

建築総額$100,000以上のビルには、敷地面積の1%に当たる壁に、必ず何かしらのアートを掛けなければいけない。

15.
「みにくいアヒルの子」を
演出してはいけない
(ケンタッキー州)

アヒルが同時に6匹以上でセール販売されないかぎり、アヒルの子を意図的に青く染めることは厳禁。1966年に制定されたこの法は、毛染めをコントロールし、ひよこ、アヒルの子、ほか鳥類、そしてうさぎをセール価格で販売するために必要な数を示している。

16.
いたずらで宅配ピザを
誰かに送りつけると、罰金
(ルイジアナ州)

たとえそれがサプライズであれ、よその家にピザを送りつける行為は厳しく罰せられ、500ドルの罰金を支払わなければならない。1999年に制定されたこの法によると、ピザのみならず商品、またはサービスを送りつけることが違法とされている。

17.
ダンキン・ドーナツの店舗前に
路上駐車することは違法
(メイン州)

サウス・バーウィックにのみ該当するもの。

18.
公共の場でノースリーブは
罰金10ドル
(メリーランド州)

それが公園であっても、ノースリーブを着ると罰金10ドルが課せられる。1898年より始まったこの法だが、ボルチモアの公園にのみ限られている。ただしホームレスに限っては、この法は免れるとのこと。

19.
ゴルフ場での
スモークボールは禁止
(マサチューセッツ州)

ときは1950年代。コミックスの裏表紙に、粉となり爆発するゴルフボールの宣伝が掲載されていた。ひょっとしたら立法者がこのおもちゃを本物の爆発物だと勘違いし、慌てて制定されたのではないかと思われている。

20.
夫の許可なしに
女性は髪を切れない
(ミシガン州)

この法は強制されてはいないものの、あるミシガンの法律を見れば、妻の髪は夫のものだとの記載がある。夫がいない場合は、女性の父親が髪の持ち主と見なされるそう。

21.
公共ビルの前で
たむろするのは禁止
(ミネソタ州)

ただし、そこにいる理由があればOKらしい。

22.
公共の場でスラングは
罰金100ドル
(ミシシッピ州)

公共の場で粗野な言葉遣いをすると、100ドルの罰金が課せられる。特に強制されていないが、いまだ法律書に記載がある。それも2013年に更新済みのもの。

23.
檻に入っていないクマを
自動車に乗せるのは違法
(ミズーリ州)

1899年に制定されたこの法。クマは檻に入れておかない限り、道を通らせてはいけないというもの。

24.
市議会の出席に
ロケットを持ち込むな
(モンタナ州)

リビリングスにて定められている法で、市議会の打ち合わせにロケットを持って行ってはいけない…らしい。

25.
性病持ちは結婚できない
(ネブラスカ州)

性病持ちが結婚することは違法とされている。また同じ文書には、17歳以上でないと結婚できないとの記載も。

26.
高速道路で
ラクダに乗ることは違法
(ネバダ州)

1880年代中盤、アメリカの民間企業や軍隊が移動手段として、ラクダを取り入れ始めたことからできた法のようだ。

27.
ワカメを夜間に
収穫してはいけない
(ニューハンプシャー州)

夜間のわかめの収穫が禁止されたのは、1973年のこと。植民時代にわかめが化学肥料として使われていたことから発祥した法と予測。市町村の条例として、農家みんなに同等のわかめの分配ができるよう制定されたもの。

28.
映画の性描写には
厳しい検閲あり
(ニューメキシコ州)

1983年から84年にかけての出来事。映画『ロミオとジュリエット』より、実に400もの性表現がカットされた。ニューメキシコ州の教育委員会によって制定。

29.
22時以降はスリッパを
履いてはいけない
(ニューヨーク州)

実際のところ、これが事実であることを証明する文書を見つけ出すことができなかったので、あくまで噂止まり。履きたい方はどうぞ。

30.
魚を酔わせるのは違法
(オハイオ州)

なぜこれが通ったのか、謎は解けないままだが制定された1950年代以降も法律書に健在。漁業の現場において、アルコールの使用を認めないということか。

31.
クマとレスリングは禁止
(オクラホマ州)

その昔、オクラホマの地元バーなどで一度は人気を博したクマとのレスリング。が、動物虐待防止法とみなされ、1996年に法制定。

32.
墓地での狩猟は禁止
(オレゴン州)

他の公共の場でも狩りが禁じられているよう、墓地でも同じ条件が課せられている。1972年に通った法。

33.
占い師を使って
金脈を掘り当ててはいけない
(ペンシルベニア州)

占い師にどこを掘れば宝が出てくるか聞くのは、禁止。占い師が、のちに相手が金銭的に有利になることを口にすることはダメとされている。そのため霊能者、占い師、またタロット占い師を訪れる際には、「娯楽としての用途のみ」というサインに出くわすことが常である。

34.
他人の手足を噛みちぎると
最長20年の禁錮刑

(ロード・アイランド州)

誰かの手足を噛みちぎる野蛮な行為は、1年から最長20年の懲役とみなされる。実はこの手足に限らず、自分から進んで、もしくは悪意を持ち目、耳、唇、もしくは手足のいずれかを噛みちぎった場合も、逮捕される。

35.
チーズ工場での
居眠りは厳禁
(サウス・ダコタ州)

カリフォルニア、ロディの新聞にこの法が記載されたのは、1948年のこと。チーズがしっかり梱包されている限り、居眠りはしちゃダメ。

36.
Netflixのパスワードを
誰かに明かすのは違法
(テネシー州)

Netflixのパスワードを誰かに明かすのは違法。2011年に通ったこの法。ハッカーたちがパスワードを大量に売りさばいていることから制定された法であるが、同じ屋根の下に暮らさないものにパスワードを共有するのも違法とされている。

37.
誰かの目を売るのは違法
(テキサス州)

医学的用途以外の体の部位の売買は違法とされている。ただし、違法といいながらも、軽罪にしかならない。

38.
有事の際の
アルコール販売は違法
(ユタ州)

緊急事態にアルコール類を売るのは違法。また、牛乳を飲まないことは違法だという法がユタ州の「飲み物系」法に載っているのだとか。

39.
女性の入れ歯装着には
夫の許可が必要
(バーモント州)

こちら未だに存在する、嘘のような本当の話。ただどう誕生したか不確か。

40.
ハロウィンに子どもが
お菓子をねだりにいけない
(バージニア州)

なぜならハロウィンに、お菓子をねだりに行くことが厳禁だから。チェザピークをはじめ、バージニア州の複数の都市では、12歳以上の場合、お菓子ねだりは軽罪に当たるそう。

41.
UMAを傷めつけるのは違法
(ワシントン州)

ビッグフットやサスカッチなど、未だ発掘されていない未確認動物を傷つける行為は禁止。だが、そもそもそれらに会えたらの話だが。1969年にビッグフットフィーバーという名の病が州を悩ませたことから成り立った法。

42.
公共の場での誹謗中傷は違法
(ウェスト・バージニア州)

公共の場で冒とくする言葉を吐いている最中に捕まると、1ドルの罰金を払うことに。

43.
バターの代用品を
刑務所で出してはいけない
(ウィスコンシン州)

1967年までは、バターの代用品を食すこと自体が違法とされていたウィスコンシン州。ただそれ以降も公共の場、例えば刑務所やレストランなどでこの代用品を使用することは、リクエストされない限り禁じられている。

44.
綿畑を耕すのに
ゾウを使ってはいけない
(ノースキャロライナ州)

バーナム&ベイリーのサーカスがツアーしている最中、宣伝行為として象が畑を耕す場面が見受けられた。が、象にこの任務を授けるのは地形学によろしくないということで違法とみなされた。

45.
馬を風呂に入れるべからず
(サウス・キャロライナ州)

この法は、本当に存在するらしいが、詳しいことは不明とされている。

これらのぶっ飛んだ法は、どれも州特有の歴史や文化に裏打ちされたものだが、なかにはその法と真逆の意見も存在したりと、解明不可能なところも正直ある。こうした絡まった糸を紐解くべく、今回の企画に挑んだ。本当のところどうなの?それは、各州を訪れてみないことにはハッキリしないだろう。

Licensed material used with permission by Olivet Nazarene University

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP