ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PMSの症状緩和に作用する“エクオール”って何?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
PMSの症状緩和に作用する“エクオール”って何?

生理が近づくとイライラしたり気持ちが落ち込んだりするPMS(月経前症候群)に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか? PMSは生理前に女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増え、エストロゲンが減ることが原因と言われています。症状を緩和するには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを積極的に摂取するのが効果的ということはわかっています。そこでPMSの症状を緩和する成分として注目されているのが“エクオール”なのです。

注目の成分“エクオール”とは?

PMSの症状の緩和にイソフラボンがいいからと、大豆を食べる方も多いと思います。実は、大豆イソフラボンには、ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインの3種類があり、ダイゼインがいちばん体に穏やかに作用します。そして、ダイゼインの特徴は腸内でエクオール産生菌によって、エクオールに変換されること。大豆イソフラボンのまま吸収されるより、エクオールに変換された方が、よりPMSの症状を軽減する働きが強まるのです。

“エクオール”を産生できるのは50%の人だけ!?

エクオールは腸内細菌によって作られます。しかし、腸内細菌の構成は人によって異なるため、エクオール産生菌が腸内にない人もいます。日本人の場合、体内でエクオールを産生できる人は50%程度と言われています。体内で産生できるかできないかによって、PMSの症状の重さがまったく異なるという研究結果もあります。尿を調べることによって、エクオールを産生できるかどうか調べることができる検査キット(有料)もあるので、気になる方は調べてみてください。もちろんエクオールを産生できなくても大豆イソフラボンを摂取する意味はありますし、エクオールのサプリメントを利用する方法もあります。

ほかにもPMSを緩和する成分はある?

PMSの症状の緩和にいいと言われている栄養素はビタミンB6です。ビタミンB6はタンパク質の代謝に係るビタミンで、神経伝達物質セロトニンの合成に欠かせないと言われています。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、心身を安定させ安らぎを感じさせる働きのあるホルモンです。マグロやイワシ、サバ、カツオ、サンマなどの魚類や肉類に多く含まれています。また、亜鉛には女性ホルモンを活性化し、安定させる働きがあると言われています。亜鉛が多く含まれる牡蠣、卵、レバーなどを食べるのも効果的です。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。