ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お腹に丸い手触り。赤ちゃんの頭!と、夫と大事になでなでしていたのは、実は…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子宮筋腫が見つかったのは、妊娠する3年ほど前のことでした。

毎年行っていた健康診断で見つかり、そんなに大きくないから様子を見ましょうということで、年1回の健康診断で経過を診てもらうようにしていました。

その後妊娠をして、先生に子宮筋腫があることを伝えて診てもらうと、

「筋腫ができている場所は出産時に赤ちゃんのジャマをする場所ではないからとりあえず取らなくても大丈夫」

という診断をされました。

ただ、先生によっていろんな考え方があるようで、里帰り出産をする病院の先生が取ったほうがいいというなら取りましょう、とおっしゃっていました。

その後、里帰り出産をする病院で筋腫のことを伝えて診てもらいましたが、やはり出産時にジャマする場所ではないから、今すぐに取らなくても大丈夫とのことで、そのままにすることにしました。

妊娠は順調で、筋腫も特に問題はなかったのですが、7ヶ月目ぐらいの時でしょうか。

胎動を感じるようになり、いよいよ妊娠や出産をリアルに感じ始めた時のことです。

夜、寝る前にお腹の中の赤ちゃんがいそうな場所をさすっていると、ゴルフボールよりももう少し大きいサイズの丸いものが手に触れました。

お腹の中のことなので、その丸いものが何かを見ることはもちろんできないですが、丸いし、胎動も感じられるぐらい赤ちゃんが成長しているみたいだし、これは赤ちゃんの頭だと思ったんです。

いま思うと、いろいろなものに包まれている赤ちゃんの頭がこんなにわかりやすいわけがないのですが、初めての妊娠で何も知らなかった私は、赤ちゃんの頭だと信じて疑わず、やさしい気持ちになってなでる毎日。

夫にも、

「ここに赤ちゃんの頭があるよ!」

と教え、2人で毎晩赤ちゃんの頭だと思われるものを大事に大事になでたり、

「おーい!」

と呼びかけたりしていました。 関連記事:どんどん大きくなるお腹と荒ぶる胎動。ついにはお腹の中からいたずらまで!? by 前川さなえ

その数日後に行った検診で、

「お腹に丸いものがあるんですけど、これは…」

赤ちゃんの頭ですよね、と聞こうとしたところで、先生が

「筋腫ですね」

と即答。

聞くと、妊娠前は筋腫のサイズが小さくて外からは気づかなかったけれど、妊娠するに従い女性ホルモンの働きによって子宮が大きくなっていくのと同時に、筋腫も女性ホルモンの働きで大きくなっていくそうです。

それで、妊娠の経過に伴い、知らず知らずのうちに大きくなった筋腫を私はすっかり赤ちゃんの頭だと勘違いしていたわけです。

出産はとくに問題なく、出産をして2年近くになりますが、筋腫は出産後から元の大きさに戻っていきました。

出産のタイミングで筋腫を取ることもあるという話を聞いたこともありますが、私の場合はそういう話にはならなかったし、産後も健康診断で診てもらっていて、今すぐ取りましょうという話にはやはりなっていないので、未だに筋腫があります。

でも、当時私たちがワクワクしながら大事になでていたものがまさか子宮筋腫だったとは思ってもいませんでした。 関連記事:何気なく行った検診で子宮筋腫が24個も発覚!”開腹手術”や”子宮全摘”と言われながらも子どもがほしい!産むことはできる?

著者:やまとも

年齢:37歳

子どもの年齢:1歳9ヶ月

結婚5年目に入った35歳で初めての妊娠・出産。最近よくしゃべるようになった息子がおもしろくてしかたない。

10年以上フリーペーパーの編集をし、妊娠を機に退職。昨年末から少しずつ外に出て働き始めましたが、保育園に入る厳しさも実感しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

命の大切さ教えてくれてありがとう。
まさかの頻尿!!尿もれ!
熊本震災の被害をうけて。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP