ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「2人出産」発言で辞任の前校長「女性差別したつもりない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈「女性は2人以上産むことが大切」大阪の中学校長 全校集会で〉

 こんな見出しの記事が新聞各紙に躍ったのは3月中旬。「不適切な発言」であるとの批判が評論家などから相次ぎ、波紋を呼んだ。一方で、「間違った発言ではない」とする声も少なからずあった。その真意はどこにあったのか。3月末で職を退いた寺井寿男・前校長を直撃した。

──問題とされた発言について、今どう考えているか。

「人口がどんどん減っていく中で、日本がなくならないためには、女性が子供を産むしかありません。間違った発言とは思いません。

 マスコミは発言の一部分だけ切り取って面白おかしく報じていました。しかし、学校のホームページで公表した発言要旨(記事末尾参照。現在はホームページからは削除)を読んだ方からは、“真っ当な発言だ”という声を多くもらっています」

〈寺井氏は1955年生まれ。立命館大学卒業後、大阪市立小学校・中学校の教員、教頭、校長を歴任。2015年3月に定年退職したが、同年4月に再任用され、大阪市の茨田北中学校校長に就任した。今回の発言は、2月29日、全校生徒が揃う最後の全校集会でのもの。匿名で大阪市教育委員会に電話があり、この発言が問題となった。市には約360件の電話が寄せられたが、うち200件が発言の趣旨に賛同するもので、残りが「配慮に欠く発言だ」といった否定的な意見だった。〉

──「女性差別にあたる」といった批判が多かった。

「私は女性を差別しているつもりはまったくありません。子供を産むことは、女性にしかできへんのです。苦労して子供を育てているお母さんを見ると、“頑張りや! とっても大事なことをしてるんやから”と声をかけます。4人ぐらい産んだお母さんになると本当に感服して、心の底から頑張って欲しいと思っています。

 それに、『男子の人もよく聴いてください』と言って、子育ては女性だけのものではないとも話しました。

 子育ては面白いぞ。だから手伝わなければいけない。5キロとか10キロの荷物を持ったらしんどいやろ。せやけど、女性はそれを抱えて平気で歩くんやで、と。

 日本には徴兵制がないから、男には“生きるか死ぬか”の問題はない。しかし、女性は子供を産むたびに“生きるか死ぬか”を1回ずつ経験する。だから女性は尊敬すべきだし、とても価値のある経験だという話もしました。それでも私は女性差別主義者でしょうか」

──大阪市教委からも「女性差別ではないか」との指摘があったと聞く。

「しかし、その教委の人間のレベルが低いのが残念です。私に対し、日本が“1985年に国連の女性差別撤廃条約にしけつした”というんです。条約は国内で批准し、締結する。私が“それはていけつと読むんや。締結をしけつと読むなんてアホなことやめて欲しい”と返したらバツの悪そうな顔をしていました」

●寺井前校長の発言要旨

〈全校揃った最後の集会になります。
 
 今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げてよく聴いてください。女性にとって最も大切なことは、子供を二人以上産むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

  なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです。
 
「女性が子供を2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部に能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたらよい」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと大学で学び、医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けばよいのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。

 もし、体の具合で、子供に恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれない子供を里親になって育てることはできます。

 次に男子の人も特によく聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

 人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

 子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

 やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。〉

※SAPIO2016年6月号

【関連記事】
ネット上の論争 「弱者が強者に勝つのがセオリー」の指摘も
地方の人口減少や都市の高齢者激増等の今後の対策を考える本
孫育て 75%の親が「ありがたいけど迷惑に感じたことも」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP