ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

笑点新司会「本命・円楽」はカモフラージュに使われた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率27%を記録するなど、国民的関心事となった『笑点』(日本テレビ系)の大喜利新司会者発表。これまで本誌は「後継者は三遊亭円楽(66)に当確」と報じてきたが、結果は春風亭昇太(56)というサプライズ人事だった。この発表の瞬間、本誌担当デスクの表情は、みるみると青ざめ、頭を抱えてへたり込んだ。もちろん関係者への取材を重ねたうえで報じたのだが、誤報は誤報である。

「円楽さんが次の司会をやるだろうなんて言ってる人は、人を見る目がない証拠ですよ」

 本誌の直撃に対して、こう語ったのは、50年にわたる笑点人生にピリオドを打ったばかりの桂歌丸(79)だ。笑点卒業後、メディアに口を開くのは初めてのことである。

 歌丸師匠の“お叱り”を真摯に受け止めて、この「大誤報」について検証する―─。

 4月30日、歌丸が笑点勇退を発表すると、各メディアが後継者探しに奔走した。その多くが「円楽本命」と伝え、本誌も“円楽が筆頭候補”と報じた。その根拠となったのが、故・5代目三遊亭円楽が歌丸に託したという遺言だった。当時、本誌の取材に応じてくれた落語関係者が言う。

「歌丸師匠は先代の円楽師匠が亡くなる際、『あとは頼む』と託されたそうです。その『あと』には、『楽太郎(現在の円楽)のことも頼む』という意味も含まれていたと歌丸師匠は解釈しているため、『円楽師匠から受け継いだ司会の座布団を円楽に返す』のではという話が落語界に広まっていたんです」

 だが結果は違った。笑点特集を組んだスポーツ紙芸能デスクも嘆く。

「今回は本当に『やられた!』という感じです。会社の上層部も含め、誰も昇太情報は掴めていなかった。当然、本命は円楽でした。

 歌丸師匠にインタビューをした際には、『2人一緒で』と円楽が付いてきた。しかも甲斐甲斐しく歌丸師匠の車椅子を円楽が押して。あたかも自分が後継者であるという印象を取材した記者に植え付けていた。そのインタビューでも『新司会者として望まれるのであれば……』とやる気満々だったそうですから(苦笑)。今思えば手の込んだ芝居だったわけですよ」

 外部だけではない。『笑点』の制作・放送を担う日テレ内部も同様である。

「私も含め、局内でも『円楽だろう』という声が多かった。広報担当者ですら知らされていなかったみたいです」(日テレ関係者)

 念入りなことに、身内すらも欺いていたようだ。この日テレ関係者が続ける。

「後で知ったのですが、2月には、すでに昇太の司会昇格が決まっていたそうです。歌丸師匠のアドバイスをもとに日テレ側が主導して決定し、プロデューサーから、それぞれ大喜利メンバーに『笑点があと100年続くために』と説明して、同意を得たと聞いています。そして決して口外しないようにと念押ししたそうです」

 ここから番組スタッフと出演者の間で始まったのが「本命・昇太」隠しだった。そのカモフラージュとして使われたのが「本命・円楽」説である。

 日テレの他番組も「円楽推し」を強力にサポートした。歌丸卒業を報じた5月2日の『スッキリ!!』では歌丸と円楽がやりとりする映像ばかりが流れ、「あれっ、もう円楽が次の司会に決まったの?」とお茶の間を錯覚させる演出が続いた。

 また5月7日には三遊亭好楽(69)が「(司会者は)円楽以外なら誰でもいい」とネタにした。これもマスコミを「本命・円楽」へ誘導する陽動作戦だったようにも思える。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
笑点の司会者「円楽本命」を決定づけた「先代円楽の遺言」
笑点大喜利新メンバー 立川志の輔を有力候補に予測
歌丸引退後の笑点司会 66才の円楽は若すぎと80代ファン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。