ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレイテナー「シーグラス」にホリエも仰天の新事実

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜20時からの番組「ALL AREA PASS」(ナビゲーター:藤田琢己)。5月28日のオンエアでは、5月18日にアルバム「COLD DISC」をリリースしたストレイテナーのホリエアツシさんをゲストにお迎えして、メンバー、関係者にもインタビュー。「COLD DISC」を裏の裏まで徹底解剖しました。

ストレイテナーは、ホリエアツシさん(Vo&G)とナカヤマシンペイさん(Dr)の2人で結成され、その後、日向秀和さん(Ba)と大山純さん(G)が加入し4人編成に。激しいサウンドと美しいメロディーを同居させるライブバンドとして絶大な人気を集めています。

まず、今回のアルバム「COLD DISC」には、どんなテーマやこだわりが込められているのでしょうか?

「歌をとにかく聴かせるっていうところには集中しました。あと、それぞれの楽器のプレイだったり、それぞれのパートの音作りは、本当に自分が出したい音に改めてトライして出来たアルバムです」(ホリエさん)。

これまではギターの音作りは手伝ってもらっていたそうですが、今回は自身の手で作りたい音を完成させたそう。番組では「COLD DISC」に徹底的に迫るということで、各曲について、関係者の方にコメントをいただきましたが、ここでは、最新シングル「シーグラス」についての声をピックアップします。まずは、ストレイテナーを古くから知るディレクターの鈴木さん。

「この曲を聴いて、アルバムの世界観がパッと分かるような曲ということがまずあると思います。(中略)ポップなストレイテナーのライブ感が見えるような、それでいて、切ないメロディーも備えている、ストレイテナーを今まで聴いたことがない人にも分かるようなところが全部詰め込まれている曲です」(鈴木さん)

そしてメンバーの大山さんは…

「『シーグラス』のアレンジでこだわったことは、“情景が浮かぶように、ギターフレーズで表現できないものか“と思いまして。Aメロのアルペジオをちょっとミュート気味に弾いてみたりして、コロコロした音を鳴らしているんですけれども、それが波間を転がる石やキラキラ見え隠れするシーグラスの感じを出せたらいいな、みたいなことを思っています」(大山さん)

そしてBメロでは、ボーカルを追いかける感じでギターを演奏。それが、波の“寄せては返す”感じを意識しているそうです。レコーディング後に、ホリエさんから、「『アルペジオでこれだけカタルシスを作れるのは、お前しかいない』とお褒めの言葉をいただいた」そうです。さらに、間奏でアルペジオが強くなる部分は「強めの風が吹いていて、物語のヒロインの帽子が飛ぶような情景が出せたらいいな…とこだわったかな」と深いこだわりを語ってくれました。

ギターの大山さんのコメントを受けてホリエさんは…

「そうだったんだって思いました。風景を映像的なイメージでアレンジしてるんだって、今回聞いて初めて知りました。しかもかなり具体的に。“帽子が飛ぶ”とまで言ってましたね。僕の中で、帽子かぶってないんですよ(笑)」とホリエさん。まさかのイメージ違いが発覚してしまいました(笑)

そしてドラムのナカヤマさんには、シーグラスの音作りで悩んだことをお聞きすると…

「悩んだことは、この曲に関しては一個もなくて。(中略)仮としてすごい手数の多いドラムを叩いていたら、なんとなくそれがしっくりきてしまって。“もうこのままでいいだろう”って感じでやりました。するっとできちゃった感じです」(ナカヤマさん)

ホリエさんからはあまり何も言われなかったらしく。逆に「これでいいんだ!?」となったそうです。

「ドラマーでは、たぶん珍しいタイプかもしれないんですけど。(中略)ドラマーって“俺こう叩きたい!”って前面に出してくるじゃないですか。そうじゃなくて、シンペイは、(ギターとベースを聴いて)後から乗せるっていう独特な作り方なんです」とホリエさん。ナカヤマさん、すごい連打のためレコーディングではワンテイクですごく疲れてしまうのだそうです(笑)。

「シーグラス」について、ホリエさんですら初めて知った事実もあり、大変興味深いレアな裏話が聞けました。みなさん、これを踏まえて改めて「シーグラス」を聴いてみてください!

【関連サイト】
「ALL AREA PASS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/allarea/

フォーリミ、ストレイテナーをカラオケで歌ったら…(2016年05月05日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1517.html

ライブカメラマンの橋本塁さん きかっけは“使い捨てカメラ”で撮ったライブ(2016年04月12日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1368.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP