体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり

ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広がっています。

地下250メートルの
「星空」にうっとり

ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり

かの劇作家バーナード・ショウは、地底に広がるこの現実を目にし、「世界7不思議に次ぐ、第8の不思議である」、と称したそうです。どこか天然のシャンデリアのようにも思えてきます。

この地ならではの
ホタルの煌めき

ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり

すでに、観光地として多くの人が訪れるこの洞窟で、浮世離れした美しい瞬きを演出しているのが、ニュージーランドにのみ生息するとされているこのツチボタルなんです。成虫になってわずか数日間の短い寿命をまっとうするかのように、この洞窟の中でひっそり、青く透き通った瞬きを見せてくれます。

洞窟内をゴムボートでクルージングして見て回るツアーは、もちろん一番人気。ですが、オークランド在住のカメラマンShaun Jeffersさんは、冷たい水の中に6時間から8時間浸かりっぱなしでこれらの写真を撮影しました。

では、美しさに引きこまれる地下250メートルの星空をご堪能あれ!
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり
ニュージーランドの地下に広がる「碧い星空」にうっとり

日本もいよいよホタルシーズン到来。たまには夜の野原に出かけてみませんか?

Licensed material used with permission by Shaun Jeffers,(Instagram)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy