ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏ダイエット!【雑誌・TV・セレブ】全てで話題になっている最新ダイエット3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近暖かい日が多く、日中は上着なしで過ごせる日もしばしば。しかし、薄着になる機会が増えると、今まで隠していた贅肉たちがこんにちは、と顔を出す。

 

贅肉たちを見ていると頭をよぎる【ダイエット】の文字。ということで、今回は「夏までにシェイプアップしたいなぁ~」と思っている方必見!今、巷で話題のダイエットをまとめてみました。

 

【ダイエット】とは本来、体調維持のための“食事制限”の事を言うそうですね。 今ではエクササイズも含めて【ダイエット】という言葉を使いますが、今回は食事というポイントに絞ってご紹介します。

食物繊維豊富!な『もち麦』

先日テレビ番組で、北陽の虻川さんが行ったダイエット法、もち麦ダイエット。TVで虻川さんは2週間で2.6キロ減量していました。方法は朝に一膳、白米の代わりにもち麦を食べるという手軽なダイエット。

 

ダイエット中でもご飯が食べられるというのは嬉しいですよね!

 

そもそも、もち麦って何?

 

お米にうるち米ともち米があるように、麦にも同じように“もち麦”と“うるち麦”があります。もち麦はもち性の大麦のこと。

もち麦は穀類の中でも食物繊維の含有率が高いと言われ、特に水溶性の食物繊維β-グルカンが豊富なんだとか。

 


週刊朝日2016/5/24発売号
特集【もち麦ダイエット】「もち麦」驚異のパワー
Fujisan.co.jpより

 

女性に嬉しい食物繊維豊富な食材であり更に、もちもちプチプチした食感で食べやすいのも魅力です!

海外でブーム!カリフラワーライス

海外でブームになり、日本でも最近注目を集めている“カリフラワーライス”。

カリフラワーをフッドプロセッサー等で細かく刻み(少し歯ごたえを残すためやり過ぎは禁物)、それを少量のオリーブオイルと一緒にフライパンで炒めれば、“カリフラワーライス”の完成!ご飯の代わりにこれを食べるというダイエット法だそうです。


日経ヘルス2015/12/2発売号
【低カロリー&低糖質でNY話題!「カリフラワーライス」】
Fujisan.co.jpより

 

色んな食材と混ぜてチャーハン風や、リゾット風にして食べると満足感があるけどヘルシーで美味しい!カリフラワーライス。

Twitterより https://twitter.com/tote3kako3/status/725634703475109888

 

ハリウッドセレブの間でも大流行みたいですね。

Twitterより https://twitter.com/GOSSIPS_Japan/status/729482358672347136


GOSSIPS 2016年6月号
Fujisan.co.jpより

食生活の改善! 箸置きダイエット

よく噛んで食べると脳が満腹感を感じるため、いつもより少ない量で満足するなどの理由から、よく噛んで食べることはダイエットに効果的だと言われているそうです。

 

よく噛むというのが“一口30回以上”ということのようですが、これは意識しないと簡単にはできませんよね。そこで役に立つのが【箸置き】です。

 


MAQUIA(マキア)2014/6/23発売号
「お箸を美しく持ち、箸置きに丁寧に置いて咀嚼する。これだけで食欲をコントロールできます」
Fujisan.co.jpより

箸置きダイエットは、口に食べ物を一口運ぶ⇒箸置きに箸を置く⇒よくかんで食べる⇒口に食べ物を運ぶ⇒箸置きに箸を置く……を繰り返して食事をするダイエット方法です。

 

こうすることで、自然に食事制限ができるということから、箸置きダイエットが注目されているようです。雑誌Veggy(べジィ)では、2013年に箸置きダイエットを紹介していて記事によると、一口、50回噛むと良いとありますが……顎の筋肉も発達して小顔になれそうな予感。

 


Veggy(べジィ)2013/5/10
「箸置きダイエット」でいただきます。これは、一度箸を置いてじっくりと噛むことに集中することで、「一口50回噛むこと」を実践すること。
Fujisan.co.jpより

ちなみに、筆者はこの箸置きダイエットを2週間行い、1キロ痩せました。意識的に食事制限はしませんでしたが、少し食べる量は減った様な気がしています。(※個人の感想です)

 

無理なダイエットしている感覚がなく痩せられたのでラッキー!と思い、今でも箸置きダイエット継続中です。

 

以上、巷で話題のダイエットをご紹介しました。自分の健康のためにするダイエット。ダイエットを試してみる際は、体に無理のないようにしてくださいね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP