ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ大統領の広島訪問 取材記者の目も滲んだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月27日は現職の米大統領が初めて広島を訪問するという歴史的な一日となった。オバマ大統領訪問前に広島で取材に当たっていたフリーライター・神田憲行氏が語る。

 * * *
 オバマ大統領の平和記念公園訪問はさまざまな場面があったが、私にとってハイライトは、広島県原爆被害者団体協議会理事長の坪井直さんと大統領が握手を交わしながら会話をしたところだった。坪井さんは20歳のときに被爆し、全身を原爆の熱線で焼かれた。全身ヤケドだらけ、3回死にかけたと私の取材で話していた。だが、「恨みは理性で乗り越えた」といい、オバマさん訪問をなにより楽しみにしていた。

 その坪井さんがオバマさんと握手し、ときに笑みを浮かべて語り合っている。オバマさんが献花をした原爆死没者慰霊碑の下には、原爆で亡くなった方たちの名簿が納められている。名簿はいまも被爆者の方が亡くなるたびに名前が追加され、更新されている。

 坪井さんは「あっちには仲間がようけおるからなあ。そら、(死んで)ひとりぼっちになりたくない。あの世に行ったら仲間と賑やかにやりたいわ」と語っていた。坪井さん良かったなあ、仲間たちとワイワイできる大きな話の種ができたじゃないか、と思ったら私の目が滲んだ。

 今回の訪問について、「レームダックの大統領が来てもしょうがない」「辞める大統領のレガシー作りなだけ」など、安倍政権の得点稼ぎに利用されることを恐れて、冷ややかな視線を送る人がいる。

 確かにレガシー作りなどは一面は当たっていると思うが、オバマさんはもともと核廃絶に熱心な人物で、突飛な行動ではない。それに今回の訪問についての評価は、被爆者の人たち、広島の人たちがすれば良いと思う。あの人たちが涙を流して喜んでいるのなら、私は素直に立ち上がって拍手を贈りたい。安倍さんも岸田さんも政治家として仕事をされたと思う。ただそれと選挙の争点になっている憲法改正は別問題というだけだ。

 今回の訪問がオバマさんのこれからの行動にどれだけ影響を与えたかわからない。原爆資料館の訪問時間が10分程度だったことに残念がる人もいる。たしかにあそこはまともに見ていけば1時間はかかるところだ。

 だがここで、原爆資料館の運営母体である広島平和文化センターの理事長を2013年まで務めていた、スティーブン・リーパーさんの体験をその著書「アメリカ人が伝えるヒロシマ」からご紹介したい。

 リーパーさんはもともと広島にも核問題にも関心が無く、広島にはコンサルタントの仕事で住み始めた。原爆資料館に友人に連れられていっても、原爆を「受けた側」の苦しみについて理解することができなかったという。

 広島に住み始めて2年ほどたったとき、友人の強い勧めで被爆者の体験を集めた「原爆の子-広島の少年少女のうった」という本を読んだ。そこにある女の子の話が掲載されていた。原爆投下直後、女の子は破壊された家から出ることはできたが、お母さんが建物の下敷きになってしまった。炎が激しく迫ってくるなか、「逃げろ」という母親と「行かない」という女の子。しかし自分の服が燃え始めて、女の子は本能的に走り出した。

 この話を読んでいて、リーパーさんは涙が流れたという。

《この話を読んだとき、なぜかその場面に自分自身が入ってしまいました。自分がその女の子の立場にあったら……。あるいは、そのお母さんの立場にあったら……》

《この経験には自分でも驚きました。今でもその読書体験を不思議であったと感じています。/このときの心の変化は「徐々に」ではなく、「光のように一瞬」のことだったと記憶しています。(中略)このときから「受けた側」から原爆を見られるようになったと思います》

 そしてリーパーさんは平和運動に身を投じていく。

 被爆者と語らい、握手し、その肩を抱いたオバマさんの心にも、光の一瞬が訪れたことを祈る。

【関連記事】
オバマ大統領広島訪問直前に巻き起こった原爆資料館批判
オバマ大統領の広島訪問検討に韓国メディアが猛反発
オバマ氏の広島訪問 安倍首相の真珠湾訪問とバーター案も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP