ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大生合格者の塾活用術 科目ごとに複数の塾に通う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 教育はお金がかかるもの──。東大合格者の親の年収も平均より高いと言われているが、実際にはどれくらいの費用がかかっているのだろうか。今年、東京大学に入学した子供を持つ3人のママに、塾の費用について話を聞いた。

【新東大生ママ プロフィール】
■松澤玲子さん・52才/息子さんが公立の高校を経て文IIIに合格。家族構成は祖父母・父・母・本人。松澤さんの最終学歴は4年制の大学の外国語学部卒業。今は英語の講師として働いている。

■森川千尋さん・43才/松澤さんと高校の同級生だった息子さんが、理IIに合格。家族構成は、父・母・本人・弟が2人。森川さんの最終学歴は高校卒業。今はパートで働いている。

■宮下紀子さん・42才/息子さんが中高一貫の男子校を経て、文Iに合格。家族構成は父・母・本人・妹・弟。宮下さんも東大文学部の出身であり、今はコンサルタントの仕事に就いている。

森川さん:うちは学校が「塾は行かなくても面倒見ます」という感じだったので、ほとんどかかってない方です。高1の時にちょっと塾に行ったんですが、高2の時にはやめて学校の勉強だけ。高3で個人経営の英語塾と、苦手科目のみ塾(東進)に行きました。塾は3科目で年間20万円、英語塾では月に1万円弱かかりました。

松澤さん:うちは子供が心配性で、塾に行きたがっていたので、子供が評判のよい塾の情報を集め、バラバラなところで世界史、英語、日本史と1科目ずつとってました。受験直前は、個人塾で英作文もやっていたので、東大受験を考え始めた高1からの塾の費用は、トータルで50万円以上はかかっていると思います。

宮下さん:うちも、高2から東進に現国と日本史を通っていました。20万円くらい払った気がします。あとは、成績がいいと東大特進コースを無料で受けることもできて、そういったところではお世話になりました。

松澤さん:それでもやっぱり塾は行くだけの価値はあると思いますね。勉強を教えてくれるという意味ではもちろんですが、保護者の心構えも学校よりも塾の先生が開いてくれる説明会で教えてもらったことの方が多いかもしれないです。「捨ててもいい問題がある」などと聞いた時は、目からウロコ。よく考えれば満点をとる必要はないわけで、さらに模試を見る気がなくなりました(笑い)。

――そして3人は、これから東大を目指すママたちにこんなアドバイスをする。

森川さん:最後の最後まで諦めないように、ですかね。合格確実と思われた子も、プレッシャーに弱いと落ちてしまうのが本番なので。うちはセンターの点数が思ったより伸びなかったんですけど、本番が大事だからって言って、なるべく気持ちを早く切り替えるようにしてあげました。

宮下さん:自分はコーチで子供はアスリートだと思って、いかに自信満々に、最高のパフォーマンスを発揮してもらえるかだと思う。そのための精神と肉体を、親は支えればいい。

松澤さん:縁起でもないかもしれませんが、もし受験に失敗したとしても、それで人生おしまいなわけじゃない。次にチャレンジしろってことだから、ポジティブな言葉をかけてあげるといいと思います。

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
幸福の科学学園“東大プロジェクト”で合格者数に注目集まる
東大生の母座談会 息子のスマホ使用・父との関係に共通点
偏差値29の生徒が東大に合格するための77の勉強法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP