ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4年に一度の祭典!リオ五輪を楽しむための3つの注目ポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Kensuke Utsumi「世界23周の旅:ブラジルワールドカップ編(前半)

いよいよ、リオデジャネイロ五輪開催まで、残すところ3ヶ月をきりました。柔道や水泳、レスリングなど、リオでも多くの日本人アスリートの活躍が期待されています。

日本人アスリートの活躍も、もちろん楽しみの一つですが、4年に一度の五輪・パラリンピック。そこには様々な楽しみがあるはずです。そこで今回は、海外留学のEFより、リオ五輪を楽しむための3つの方法についてご紹介します。

(1)参加国に注目しよう!

皆さんは前回のロンドン五輪に、一体どれくらいの国や地域のアスリートが参加したのかをご存知でしょうか? 普段あまり日本には馴染みがない、アフリカの「チャド」や「ギニアビサウ」「レソト」など、なんと前回のロンドン五輪には「204」もの国や地域のアスリートが参加していました。つまり、五輪は、新しい国や地域を知るきっかけにもなるのです。

しかも、意外や意外! 全競技を通じて、メダルを獲得したことのない国数は80カ国、また1度しかメダルを獲得したことのない国数は20カ国と、実に様々な国や地域のアスリートたちがメダルを獲得しています!

どの国のアスリートがどの種目に出場するのか、事前にチェックしておくことで、リオ五輪の楽しみ方がきっと広がりますよ!

(2)メダル大国の選手に注目!

参加する国や地域に関わらず、やっぱりメダルの行方が気になりますよね? 前回のロンドン五輪で最もメダルを獲得したのは、アメリカ! アメリカ単体で46の金メダル、29の銀メダル、そして29の銅メダルを獲得しており、なんと合計100以上のメダルを獲得しています。また、アジア勢では、中国、韓国も活躍し、ロンドン五輪ではメダル奪取に湧きました!

今回のリオ五輪でアメリカの選手に注目すれば、世界記録達成の瞬間をLIVEで見ることができるかもしれませんよ。もちろん、日本人選手の活躍にも注目です!

Shinichi Uchiyama「リオデジャネイロのコパカパーナの丘にいってみました

(3)大会後も大会都市に注目!

実は、五輪は大会期間だけを楽しむものではありません。大会後も五輪は大きな意味をもたらしています。例えば、ロンドン五輪を開催するにあたり、開催都市のロンドンは雇用を増やすことや、観光サービスを充実させることを公約に掲げていました。

その甲斐あって、ここ数年、ロンドンを訪れる観光客は増加しており、また、日本でもロンドンの最新カルチャーが話題に上がることも増えてきています。

今回のリオ五輪では、何がレガシーとして残っていくのでしょうか? 大会後も注目しましょう!

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける

* Kensuke Utsumi「世界23周の旅:ブラジルワールドカップ編(前半)
*Shinichi Uchiyama「リオデジャネイロのコパカパーナの丘にいってみました

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP