ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホでお気に入りの画像からオンリーワンの絵はがきを送れる英国のスマホアプリ「Swapshots」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソーシャルメディアや電子メールなど、デジタルコミュニケーションツールの普及と多様化によって、葉書や封書を郵送する機会がずいぶん少なくなってきた。

日本郵便株式会社によると、日本での通常郵便物の取扱物数は、2005年度の262億通をピークに、年々、減少傾向にあるという。

・スマホからお気に入りの画像でオリジナル絵はがきを送る

英国で郵便事業を営む「英国郵政社(Royal Mail)」は、スマートフォンで撮影した画像でオリジナルの絵はがきを作成し、直接、宛先へ郵送できるスマートフォンアプリ「Swapshots(スワップショッツ)」を英国限定でリリースした。

このアプリでは、画像を加工したり、メッセージを添える機能も実装。

ユーザーが、お気に入りの画像を選んで加工し、メッセージを入力した後、英国内の宛先を指定すると、英国郵政社が、このデータを絵はがきとして印刷し、3日以内に届けてくれる。

「Swapshots」の利用料は、印刷料や送料を含めて、1通あたり85ペンス(約137円)。スマホアプリは、無料でダウンロードできる。

・旅先から大切な人に送る、デジタルでアナログなコミュニケーションツール

「Swapshots」のほか、英国の「Touchnote」や米国の「Postgram」、日本の「moca(モカ)」など、ユーザーが自分の画像を使って、スマートフォン上でオリジナル絵はがきを作成し、代行業者がユーザー指定の宛先に印刷物として郵送するサービスは、世界各地に広がっている。

あなたも、旅先から大切な人に絵はがきを送るように、スマートフォンなどで撮影したお気に入りの写真を使って、オリジナルの絵はがきを送ってみてはいかがだろう。

Swapshots

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP