ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あまったアイシャドウはリユースできる?!コスメ活用術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

使いかけのアイシャドウ、どうしてる?

アイシャドウ、チーク、ハイライト…
毎日メイクをしていると、いろんなコスメが必要になります。
使っていくうちに減っていき、最後の方になると、パレットの端の方にしかパウダーが残っていなくて、小さめブラシでも色が取れなくなっちゃいますよね。
もちろんそこまでいくと新しいものに買い換えると思いますが、ちょっとパウダーが残った状態で捨ててしまうのはもったいない…なんて思ったことはありませんか?
今回は、“堀田眉”で人気のメイクアップアーティスト堀田久美子さんに、ちょっと残ったアイシャドウの活用術をお伺いしました!

 

あまったアイシャドウ活用術①:新しい色を作ってリユース

まずは、パレットの端に残ったアイシャドウを、先のとがったものでかき出して粉々にします。
そのままでももう一度アイシャドウとして使えますが、さらに何色か混ぜ合わせれば、新しい色のアイシャドウが作れるんです。
堀田さんはアイシャドウだけではなく、チークやハイライトなども砕いてリユースしているのだそう。
100均などで売っている小さめの容器に入れておくと、混ぜやすく使いやすくて持ち運びにも便利。
このリユースする方法は、「季節限定カラーを使っていたけど、使い切る前に飽きちゃった…」なんて時にもおすすめ。

 

あまったアイシャドウ活用術②:他のパーツにオンしてリユース

アイシャドウは目元だけ、と決まっているわけではありません。粉々にしたアイシャドウを少しチップに取って、眉の上に乗せると印象がチェンジ!
最近はグラデーションカラーの眉がトレンドだそうですが、眉に合うの? と思うような明るい色、例えばオレンジのパウダーを眉の真ん中あたりにポンポンと乗せるだけでOK!
また、リップグロスと混ぜれば、新しいグロスに♪
いつも使っているグロスに少しパウダーを混ぜるだけで、オリジナルのグロスが作れます。
粒が大きめのラメを少し入れてあげると、華やかな場にぴったりのラメ入りグロスになります。
いかがでしょうか?
ぜひあまったコスメがあれば、オリジナルのアイテムにリユースしてみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP