ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ大統領が原爆慰霊碑に献花

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカのオバマ大統領は5月27日、現職の米大統領として初めて、被爆地・広島の平和記念公園を訪問。被爆者の遺品や写真などを展示する平和記念資料館(原爆資料館)を視察し、原爆慰霊碑に献花した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

オバマ大統領は、スピーチで核兵器のない世界への決意を表明し、その後、立ち会っていた被爆者の方と握手を交わしながら話をした。大統領は安倍晋三首相や岸田文雄外務大臣らに見送られて平和記念公園を出発し、山口県のアメリカ軍岩国基地を経て帰国の途に就いた。最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

オバマ大統領が原爆慰霊碑に献花はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

形骸化の声もあるけど…「サミット」の意義とは?
広島で有名“閣下のポスター”大統領にどう説明する?
原爆の日 黙祷ツイートに賛否両論
グーグルが原爆資料をネットで公開
米SF兵器「神からの杖」構想とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP