ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

骨盤がはずれそう!産後のカチカチ筋肉には、ヨガ?マッサージ?それとも?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出産は、麻酔分娩にしたので、最後の出産の時の痛みはほとんどなく、自分でもいつ生まれたのかわからないくらい、するっと生まれました。

しかし、麻酔がきれたあと、左の骨盤がずきずき痛くなり、外れそうな感覚すらしました。

ちょっと休みたいのにお構いなしに泣き叫ぶ赤ちゃんを抱っこしながら、病院中、左脚をひきずって歩いていました。

「きっと出産時に痛めたんだろうなぁ」

と思いつつ、痛かったのかすら、まったくわからないから不思議な感覚です…。

他人事のよう…。

その後、骨盤ベルトをしていたら、痛みは少しよくなって、足をひきずることはなくなりました。

でも、夜に授乳で起き上がる時は、毎回『ズキっ』と骨盤周りに痛みが走って、ベッドから転がり落ちるようにしてやっと立ち上がるみたいな、かなり格好悪いことを繰り返し行い、なんとかやり過ごしていました。 関連記事:骨盤ベルト、もらっていたのに…!あの頃の自分に言いたい、産後のケアの大切さ

その後、赤ちゃんが2ヶ月になって、夜中に起きる際の骨盤の『ズキっ』も少しよくなり、そろそろ体型をもどすためにも運動しなきゃと、空いている時間にヨガ教室に通い始めました。

しかし、とにかく骨盤まわりが硬くて、まったくと言っていいほど動きません…。

鏡をみるとぼてっとした体型にも愕然とするし、かちんこちんな自分にも幻滅してしまいました。

もう、このままオバさんになってしまうんじゃないかと、げんなりです。

なんとかめげる自分を奮い立たせて通い始めたヨガですが、急に動き始めたために体もびっくりしたようで、元々痛かった左脚付け根の骨盤まわりのしくしくっと鈍い痛みがひどくなり、どんな体勢をとっていても痛みがとれなくなってしまいました。

外れそうな感覚も前に戻ったような気がします。

ヨガの先生によると、

「出産により、骨盤まわりが硬くなって、筋肉に痛みがあったり、骨盤まわりの筋肉が弱ってしまって無駄な力がはいり、筋肉に痛みがはしってしまったりすることがある」

そうです。

骨盤ベルトはしてもいいけど、結局は腰の周りの筋肉を鍛えないとなおらないから、その先生が言うには気休めにしかならないとのことでした。

ヨガの先生のいう通り、

「ストレッチとスクワットなどの筋トレをするしかないんだな…」

と思いつつも、ただ座っていても、骨盤周りの痛みがずっとある状態だったので、ついに整骨院に行ってみることにしました。

温めて、マッサージしてもらったのですが、整骨院の先生いわく、私の痛みは、やっぱり骨盤まわりの筋肉が硬くなってしまっているのが原因のようです。

時間をかけてほぐしてもらったら、確かにだいぶ痛みがおさまり、瞬間的には、体が楽になりました。

しかし、時間がそんなにたたないうちに、痛みは蘇ってきました。

先生にも、

「急に良くなるわけではないので、何回かマッサージして、ほぐしていかないと痛みはとれませんよ」

と言われたので、できることならこれから継続してお世話になりたいとは思います。

それはそうだけど、赤ちゃんの面倒をその間誰かにお願いしなければいけないので、そんなに時間は自由にとれないしなぁ…。

結局、家で、赤ちゃんの機嫌が良い間にストレッチandスクワットを頑張るしかなさそうです。

きくと、日頃から体のメンテナンスをしているヨガの先生ですら、産後1年くらい、骨盤が外れそうな感覚に悩まされた方もいるらしい…。

日頃から鍛えてもいなかった私がこうなるのは仕方ないのかもしれません。

いずれは治るとある程度は諦めつつ、できれば早く良くなることを願って、毎日少しずつがんばらないといけないな。

でも、ヨガの先生からすすめられた、毎日90回のスクワットは到底私には無理そうなので、せめて1日30回を続けられるよう、頑張ってみようと思います。 関連記事:私の腹筋はどこ?産後のピラティスでショック!全然戻っていなかった骨盤まわり

著者:ぶらんぼん

年齢:39歳

子どもの年齢:2ヶ月

ついに待ちに待った赤ちゃんに出会えた喜びと、慣れない育児に毎日奮闘中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「私はママとして情けない、誰か助けて」産後の痛みが引かず、精神的にも辛かった日々
手首を触るだけで激痛が!まだまだいけると思っていたら、かかってしまった腱鞘炎の話 by ぐっちぃ
産後の体

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。