体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

行かなきゃ損する?イタリア収穫祭で特別に思い出を

行かなきゃ損する?イタリア収穫祭で特別に思い出を
Edicolante「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

Edicolante「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

こんにちは。イタリア在住15年、Compathy MagazineライターのEdicolanteです。
今回は筆者が訪れた中部イタリアの収穫祭の様子をレポートします。小さな町は「町おこし」に必死です! 観光客にたくさん訪れてもらおうと、それぞれの町で採れたものをアピールしています。

地元の採れたてのおいしいものを、激安で手に入れることができるので、観光客にとってはとても嬉しいですよね! しかも、地元の人達と仲良くなれるかも知れないこのチャンスを逃してはなりません。イタリア語で「サグラ(Sagra)」と呼ばれる収穫祭は、毎年、週末に合わせて日程は変わりますが、同じ時期に開催されます。

では今回は、筆者が訪れた中でもお気に入りの収穫祭を3つ紹介します。

① カルチョーフィの収穫祭 ラツィオ州 ラディスポリ

Edicolante「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

Edicolante「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

ローマから電車でたった40分で行ける海沿いの街「ラディスポリ(Ladispoli)」。ローマ料理でよく使われるカルチョーフィ(アーティチョーク)の収穫祭(Sagra del carciofo romanesco)が、春に開催されます。

カルチョーフォ・ロマネスコと言われる、ローマのアーティチョークは、他の地方のものより大きいんです! カルチョーフィ・アッラ・ロマーナや、カルチョーフィ・アッラ・ジュディーアというローマ料理としてレストランで出されているほとんどがラディスポリ産。
Edicolante「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

Edicolante「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

メイン会場のロベルト・ロッセッリーニ広場は駅から歩いて10分ほど。カルチョーフィで作られたアートが展示され、賞を取るため競い合っています。町にはカルチョーフィだけでなく、イタリア各地のおいしいものを集めた屋台がたくさん! 朝から晩まで楽しめるこのイベントは、毎年4月中頃に開催されます。

ラディスポリ(Ladispoli)への行き方
ローマ・テルミニ駅からピサやチヴィタヴェッキア行きに乗り、40から50分乗り換えなし
運賃片道:3.60ユーロ

② 湖の大漁祭り ウンブリア州 ポルト

Edicolante「イタリア カスティリオーネ・デル・ラーゴとポルトで湖の魚のサグラ(大漁祭り)とオルテ」

Edicolante「イタリア カスティリオーネ・デル・ラーゴとポルトで湖の魚のサグラ(大漁祭り)とオルテ」

湖の魚の大漁祭り(Sagra del Pesce a Porto)は、ペルージャ県のカスティリオーネ・デル・ラーゴという湖岸の街からさらに車で移動したところにある、とっても小さな村で開催されます。

周辺の2つの小さな湖で獲れた、淡水魚のソースのスパゲッティと、ブルスティコ・エ・テガマッチョという淡水魚の煮込み料理、手作りソーセージなどが食べられます。
Edicolante「イタリア カスティリオーネ・デル・ラーゴとポルトで湖の魚のサグラ(大漁祭り)とオルテ」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。