ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草刈正雄 20年ぶりに自分の演技を見た理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『真田丸』で、小大名ながらも波乱の戦国時代を知謀で巧みに生き抜く真田昌幸を演じている草刈正雄(63才)。最近始めたブログや、プライベートで家族に「真田さん」と呼ばれていることなど、意外な草刈の素顔に迫った。

――草刈さんの役はネットでも大好評ですが、反響はどういったところで感じますか?

草刈:ブログをやっているのですが、「家族みんなで見ています」とか「子供が真似をしています」と書き込んでくれるので、嬉しいですね。

――今年3月からブログを始めたのはなぜ?

草刈:周囲に勧められたりして、始めることにしました。携帯からブログをアップしているのですが、操作に慣れていないので、マネージャーに手伝ってもらっているところもあるんですけどね。毎回反応があって、読んでいると楽しいです。

――コメントは全て目を通している?

草刈:ほぼ全て読んでますよ。写真を撮ったりするのは大変だけど、楽しいので、続けようと思っています。

――若い頃の写真をアップされて、ネットで大好評です。

草刈:自宅前で犬を抱いている写真ですね(笑い)。イギリスに住んでいるファンの方が、フェイスブックにメールで送ってくれたんです。こんな写真が見つかりましたって。

――ところで、ご家族から「真田さん」と呼ばれているそうですね。

草刈:長女の紅蘭がそう呼び始めて、今では妹の麻有も一緒になって言っています。普段は「正雄」と呼ぶんですよ。それでいて、おねだりがあるときには「君」をつけるんです(笑い)。

――草刈さんは、テレビなどでご自分の演技を見ないそうですが。

草刈:前まではね。でも、『真田丸』は見ています。今までは申し訳ないけど、20年近く見ませんでした。今回はやっぱり、好きだから。今までは演技が納得できなかったりしたら引きずるタイプなので、見なかったんです。

 今回も、見るつもりはなかったんです。ところがNHKは撮影が終わったあと、助監督が小さいモニターを俳優さんの前に持ってくるんです。「いいのに」って最初は思っていたんだけど、チラチラと見るうちに、うちでもドラマを見るようになったんです。

 DVDが放送より先に届くので、それを家でひとりで見ています。以前、家族に褒められたくて、「どうだった?」「良かった?」って、しつこく聞いていたら、家族がいっしょに見てくれなくなった(笑い)。

――家では、お仕事がないときは何をしていますか?

草刈:プライベートは家が好きなので、部屋でボーっとすることが多いですね。近くにテニスコートがあるので、趣味でテニスをやっていますが、それ以外はほとんど家から出ません。あとは、出るといったら台詞を覚えに喫茶店に行くくらい。

――演技で一番大事にしていることは?

草刈:体調を崩せないので気をつけています。運動はジムとテニス。食事は家族が気を使ってくれるので、あとは深酒はしないようにと思っているけど、どうしても飲んじゃいますね。

――深酒というのは、自宅で?

草刈:そうです、ひとりで飲んでますよ。家族は付き合ってくれないんです(苦笑)。

――草刈さんは、朝ドラ(連続テレビ小説)を見ていますか?

草刈:全部は見ないんだけど、見ていますよ。どんな方たちが出ているんだろうって、気になりますからね。

――大河ドラマは7回目ですが、朝ドラは2回。もっと朝ドラに出たい?

草刈:『あさが来た』や『花子とアン』など、お話はいただいたんですが、残念ながらスケジュールが合わなかったんです。今後は、朝ドラにも出演したいですね。

【草刈正雄(くさかり・まさお)】
1952年9月5日生まれ。福岡県出身。1970年、資生堂の広告でモデルデビュー。その後俳優に転向し、1974年『卑弥呼』で映画デビュー。『真田丸』では、主人公の真田信繁(堺雅人)の父・昌幸役を演じ、クセのある役柄で話題を呼んでいる。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に真田幸村の名で「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田信繁の成長物語。三谷幸喜脚本。

【関連記事】
真田昌幸演じる草刈正雄 家では「真田さん」と呼ばれる
徳川家康の甲冑 見た目派手だが機能性・実用性に優れていた
娘の恋人役演じた草刈正雄「本番」の声で父から役者の顔に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。