ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさに“元祖ジャニーズJr.” 急逝したマーちゃんに捧ぐ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ジャニーズJr.の歴史をひも解く。

 * * *
 ジャニーズのファン用語の中に“バック担”というのがある。バック担当=アーティストのバックで踊っているジャニーズJr.を熱烈に応援しているという意味だ。

 昨今、兄弟ものまね芸人のジャガーズが、そのジャニーズJr.に着目し、先輩たちのステージで華麗に踊るだけでなく、着替えを手伝ったり、サインボールを渡したり、演出により水浸しになった床をモップで拭いたりするさまを完コピ。ジャニーズのファン以外の層にも、ジャニーズJr.の存在と役割が広く知れ渡った。

 現在、「シアタークリエ」(東京・千代田区)では、『ジャニーズ銀座』という演目が行われている。これは、60年代〜70年代、「ウエスタンカーニバル」で若い女性たちを熱狂させた「日劇」を有した銀座の近くで、やはり当時の若者が通い詰めた「ジャズ喫茶」をイメージして、ジャニー喜多川社長が企画したもの。メインはジャニーズJr.である。

 先輩たちの背中を見ながら日々勉強し成長しているジャニーズJr.の数は、東京や関西で研修生を合わせると数百人とも1000人とも言われるほどの大所帯。Jr.がステージのメインでパフォーマンスする『ザ少年倶楽部』(BSプレミアム)に出演できるのはほんの一握りだし、名前のテロップを出してもらえるメンバーの数はさらに少ない。

 そんな中、グループを結成し、ジャニー社長から名前を付けてもらっている10組のユニットが日替わりでパフォーマンスを見せているのが『ジャニーズ銀座』なのである。

 当時の「ジャズ喫茶」と共通しているのは、ステージと観客の近さ。アーティストが客席まで降りてきてファンにサービスする様子も酷似している。

 4月29日、「HiHi Jet」「Classmate J」から始まったステージは、5月31日、「Love-tune」で千穐楽を迎える。出演しているのは他に「Travis Japan」「天才Genius」「MADE」「Prince」「Snow Man」。「They武道」「SixTONES」ら。ジャニーズファンでない方たちにとっては初めて耳にするグループ名ばかりだと思う。

 それぞれに売りや武器があり、キャリアやメンバーの個性もさまざまながら、各回に数枚あるかないかの当日券を求め1000人近くものファンが会場のシアタークリエの周りに行列を作るのは、いまや銀座の春の風物詩だ。

 開催直前、名前が付いたグループもある。安井謙太郎、真田佑馬、萩谷慧悟、森田美勇人の「Love-tune」だ。楽器を手にするバンドスタイルが売りの一つだが、楽器を置いて歌ったり踊ったりするし、曲の途中でバンドになったりダンスユニットになったりするスタイルが、ひじょうに新しい。

 実は、初代というべき「ジャニーズ・ジュニア」は、ジャニーズ事務所の第一号アーティスト、「ジャニーズ」のバックバンドだった。1963年のことである。ジャニー社長が“柱”の一本としてバンドに強いこだわりを持っていらっしゃるのはそのためだと思われる。

 現在のように、先輩たちのバックで少年たちが踊るようになったのは、73年に結成された「ジャニーズ・ジュニア第1期生」で、彼らはフォーリーブスや郷ひろみのバックダンサーとして、テレビや舞台に立っていた。

 メインのフォーリーブスや郷ひろみではなく、その後ろで踊る少年たちにはすぐにファンが付いた。初期メンバーは9人。郷ひろみのレギュラー番組で研ナオコらと共演もしていたことで人気はうなぎ登りとなるも、3人が「ジュニア・スペシャル」というユニットでフォーリーブスのバックを。残る6人が「ジャニーズ・ジュニア」で郷ひろみのバックを担当してコンサートに帯同した後、分裂。一人のメンバーが入れ替わり、板野俊雄、林正明、畠山昌久の3人で「JOHNNY‘Sジュニア・スペシャル」(以下、JJS)となり、レコードデビューを果たしている。

 その中の一人、「林正明」が検索ワードで急上昇したのが5月26〜27日のこと。林さんが57歳という若さで急逝したからだ。

 実は私は高校時代、その林正明さん(ニックネーム・マーちゃん)の追っかけをしていた。通学途中にジャニーズ事務所の合宿所があり、放課後、渋谷駅で合宿所やレッスン場、NHKや渋谷公会堂に出向く彼らを待ち伏せしたものである。

 本当はフォーリーブスのファン。でも、コンサートでバックに付いていた長身で甘いマスクの林さんに目がいった。つまり私も元祖“バック担”だというワケだ。

『ベルサイユのばら』という曲でレコードデビューを果たしたJJSには、応援グループがいくつかあり、別グループだったが、タレントで女優の大島さと子は、同時期、熱烈に応援していた仲間。

 去年、大島さんと『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で共演した際、それぞれ真っ先に口にしたのは「マーちゃん」というワード。いっきに青春時代に戻り、当時の思い出話に花を咲かせた。

 その後、やはりJJSファンを公言していた歌手の森公美子さんと『一周回って知らない話』(同)で共演したときも、本番前ずっと、その話で盛り上がってしまった。

 あるベテラン女性アーティストの「昔の歌のほうが良かった」と言っていたファンに対し、そのアーティストが「それは曲ではなく、そのころの自分自身が好きなだけ」と言い放ったことがある。確かにアイドルにまつわる昔話は、熱狂的に応援していた“自分”も“主役”なのかもしれない。

 林正明さんは、JJSの後、女性二人をまじえた(当時、ジャニーズ事務所には女性の所属タレントがいた)VIPというユニットを経て芸能界を引退。同グループの畠山さんはその後、劇団四季の舞台で活躍していたが、2003年に急逝。年長の板野さんは、田原俊彦のバック「ジャPAニーズ」のメンバーなどを経て、その後やはり事務所を離れている。

 ジャニーズでは真家ひろみさんが、フォーリーブスでは青山孝史さん(孝から改名)、北公次さんが若くして亡くなっている。そして畠山さんと林さんも…。同時期に活躍したグループサウンズやアイドル的なバンドの人気メンバーも若くして亡くなられている方が少なくなく、不思議でならない。寿命とは異なる数奇な運命が関係しているのだろうか。

 実は林正明さんは、亡くなる10日前、“ファンの集い”に顔を見せ、3次会まで楽しそうに参加されていたと聞く。

 昨今、アイドルとファンのゆがんだ関係がニュースで取り上げられることが多いが、青春時代を共に過ごし、年齢を重ねていった多くのアイドルとファンとの絆は、固いまま、ずっと繋がっているケースのほうが多い。

 林さんの通夜には、フォーリーブスの江木俊夫、おりも政夫、元祖“ちびっこジュニア”ともいうべき、リトル・ギャング(最初に組んだグループ)の曽我泰久、他事務所の所属だった「レモンパイ」の小林利男さんから花が供えられた。また、元ずうとるびの今村良樹さん、元ANKHのメンバーで、いまは映画監督の東真司さんから弔電が届けられた。

 郷ひろみと共に事務所を離れたジャニーズJr.第1期生のメンバーも参列していたし、告別式にはJJSでただ一人となってしまった板野俊雄さんが山口県から駆け付けた。

 もちろんファンも全国から集まった。驚くのは、その場を仕切っていたのがJJSの男性マネジャー二人だったということ。さらには、現在、ジャニーズ事務所でアーティストのチーフを担当している男性も焼香に訪れていた。

“バック担”に話を戻すと、彼女たちの中には、応援していたジャニーズJr.がCDデビューをしてしまうと、また別のジャニーズJr.のファンになるという“癖”をもっている人たちがいる。その背景にあるのは、「私たちがなんとかしてあげなくちゃ」という使命感、あるいは母性なのかもしれない。

 林さんが亡くなった日、Twitterには「私の“バック担”はここから」という呟きが多く見られた。

 先輩アーティストのバックで懸命に踊ったり、サポートしたりしているジャニーズJr.はいま「第二次黄金期」を迎えているとも言われている。ちなみに「第一次黄金期」はタッキー&翼や嵐のメンバーがJr.だった頃だと言われる。

 そんなジャニーズJr.の元祖で、当時メンバーの中でもっとも人気者だった彼は、『明星』の表紙を桜田淳子と共に飾ったこともあるほどだった。林さんは間違いなく、ジャニーズの礎を築いたジャニーズJr.だったのである。

 林正明さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

【関連記事】
『同電』『受け』『担降り』など ジャニーズJr.用語を解説
ジャニーズ年越し公演 フジTV生中継中止でファンの嘆きの声
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。