ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全てを自分好みにセレクトできるサラダボウル専門店。創業者である武文智洋さんが、ニューヨーク・ウォール街で勤務していた時に出会ったアメリカのサラダ文化をアレンジし、ヘルシーで美味しい日本独自のサラダボウルを提供してくれるのだそう。

それでは早速、オーダー方法を紹介!

【ステップ1】
ベースのサイズを選ぶ

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

まずは、Sサイズ(680円)もしくはMサイズ(780円)を選択。ベースには、グリーンリーフ、ベビーリーフ、紫キャベツが含まれています。

【ステップ2】
トッピングを4つ選ぶ

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

トマト、コーン、人参、きゅうり、オニオン、レッドオニオン、かぼちゃ、れんこん、もやしナムル、りんご、玄米、豆腐から4つ、好きなものをどうぞ。(※トッピングの追加は+50円)

【ステップ3】
ドレッシングを選ぶ

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

柚子しょうゆ、ごま塩、イタリアンなど計10種類から。

【ステップ4】
大きなボールでミックス

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

大きなボールに入れた後、ドレッシングをかけて一気にミックス。少量のドレッシングでも、野菜全てに味が行き渡り、美味しさが最後まで続くのだとか。

【ステップ5】
完成!

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

あなただけのサラダボウルを、店内やオフィス、家庭で楽しんで!

キーワードは、
「FARM TO BOWL」

ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

さてさてまずは商品を紹介しましたが、実はこの「WithGreen」、特徴的な理念を掲げているのです。キーワードは「FARM TO BOWL」。昨年ごろからよく耳にするチョコレートのトレンド「BEAN TO BAR」の“サラダ版”とも言えるかもしれません。
ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています
ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

サラダボウルに使用されるのは、選りすぐりの農家と直接契約した新鮮な野菜のみ。店舗のオープン直前には、社員全員が契約農家を訪問し、レタスやレンコン、トマトの収穫体験、田植えをおこなってきたのだとか。

さらに、社員だけでなく顧客も一緒に楽しめるような「食育活動」にも積極的。その食べ物がどのような種から育ってきたのか、農家がどのような想いで育ててきたのか──そういった物語を感じられる場所を、店舗内やホームページに設けています。
ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています
ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

単なる飲食店にとどまることなく、「重飲食中心の日本の外食をヘルシーなものに変えること」を目標としている彼ら。サラダボウルの味はもちろんのこと、その壮大な挑戦の行方にも注目したいところです。
ユニークなサラダボウル専門店「WithGreen」が登場。アメリカのサラダ文化を日本流にアレンジしています

【店舗概要】
WithGreen 神楽坂店
・住所:東京都新宿区神楽坂3-2 桐信エステートビル2階(神楽坂通り沿い)
・TEL:03-5579-2905
・営業時間:月-土 11:00〜22:00 /日・祝 11:00〜20:00

Licensed material used with permission by withgreen

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。