ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~新潟エリア~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

豊富な日本海の海の幸やお酒、大規模なスキー場など魅力たっぷりの県「新潟」。

じゃらん編集部から、「新潟行ってみたいけど、どこに行こう?」という方に、ここに行ってみて! というオススメスポット50選をご紹介します。

離島もあり、細長い面積を誇る、新潟エリアならではのスポットに思いを馳せてみて。

越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館

各エリアに分かれた地酒がズラリ。山地によって異なる風味を楽しんで。

新潟といえばお米がおいしい事で有名。お酒を使ったお菓子や新潟特産品、オリジナリティあふれたアイテム等、お土産選びには最適の店。食品は試食できるものが多くて嬉しい。

売店以外に日本酒のきき酒コーナー(500円)、地酒に合う料理がおいしい飲食店や酒風呂(800円)等、日本酒の奥深さには感動。

\口コミ ピックアップ/

たくさんのおいしい新潟のお酒を、試飲できます。八海山の色んなお酒、梱包がオシャレで、ついついお土産にもしたくなります。カフェや食事もグー。特に爆弾おにぎり、、、ぜひお試し下さい。

数々の具から選んで、ビックリするくらい、美味しく大きいおにぎりを、一つ一つ心を込めて、握ってもらえます。もちろん、お土産にも。新潟のお米とお酒を、気軽に堪能できますよ。 越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館

住所/新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3

「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館」の詳細はこちら

弁慶 新潟

新潟県内にいながら、離島「佐渡島」の旬の魚を味わえる体験は貴重。

\口コミ ピックアップ/

100円寿司とは全く違います!佐渡産本マグロ、ヤリイカなど近海の新鮮なお寿司を堪能できます。

お造り(小)540円の豪華さにはいつもびっくり!コリコリのバイ貝、甘エビ、ブリなどキレイに盛り付けられています。並んでも食べたいお寿司屋さんですよ。 弁慶 新潟

住所/新潟県新潟市中央区万代島2-4 ピアbandai内

TEL/025-255-6000

「弁慶 新潟」の詳細はこちら

魚の市場通り

鮮度たっぷりな海の幸をその場で食べられるのが嬉しい。食べ過ぎ注意?

国道沿いに鮮魚専門店やおみやげやが約10軒ほど並ぶ「魚の市場通り」は、通称魚のアメ横と呼ばれている寺泊の名スポット。角上魚類や山六水産など大型鮮魚店などもあり賑わっている。

カニやタイ、イカ、甘エビといった地元であがる鮮度のいい魚はおみやげに。魚介類を炭火で焼いた浜焼きはその場で食べて。

\口コミ ピックアップ/

毎年恒例になっていますね。寺泊に美味しい魚を購入に行っています。銀鮭の切り身・えぼ鯛・ほっけ・塩さば等、肉厚で、とても美味しいですね。クール便で送り、帰宅して冷凍しても美味しさ一緒です(*^^)v

ズワイガニ・タラバガニも冷凍になっていますが、とても食べがいがあって美味しいです♪

ここの食材は、どれもお気に入りです(^_-)-☆ 魚の市場通り

住所/新潟県三島郡寺泊町下荒町(市場通り)

「魚の市場通り」の詳細はこちら

月岡温泉

雪国の古き良き街並みを残した、どこか懐かしく風情ある情景も楽しめる。

「月の丘のもっと美人になれる温泉」として親しまれ、年間65万人の観光客が訪れています。月岡温泉は、硫化水素の含有量日本一を誇り、入浴による美肌効果があり評判です。

\口コミ ピックアップ/

月岡温泉は硫黄泉なので、このエリアに来ると硫黄の強い匂いがします。“ああ、温泉にきたな~”という気分になります。温泉は老舗が多いですが、私は最近ひさご荘に泊まり、素敵な時間を過ごせました。 月岡温泉

住所/新潟県新発田市月岡

TEL/0254-32-3151

「月岡温泉」の詳細はこちら

彌彦神社

神社入口にそびえたつ朱色の大鳥居と、背景の緑色のコントラストが素敵。

御祭神は天照大神の曾孫の天香山命で越後地方の開拓にあたられ、信濃川で治水開拓、稲作等、農耕の道や産業の基礎をさずけられ、また越後一の宮として県内外の信仰が厚い。

\口コミ ピックアップ/

緑に包まれて、エネルギーを感じる良い神社です。

近くにお土産屋さん、神社の周りを散策すると、またイロイロ発見があり、とっても楽しかったです。 彌彦神社

住所/新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

TEL/0256-94-2001

「彌彦神社」の詳細はこちら

新潟ふるさと村【チューリップの名所】

チューリップの名所としても知られる。手入れの行き届いた美しい庭園。

新潟県内の観光情報と物産などが全て揃う観光文化施設「新潟ふるさと村」。今年の新潟ふるさと村花畑のテーマは、暖かな春、木々の間から降り注ぐやわらかな光「こもれび」をテーマにした「こもれびのアートガーデン」です。

「こもれび」はすべて太陽と同じ丸い形になることからチューりップで円を描くことで表現しました。 4万5千本のチューリップが咲き誇る花畑をぜひお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/

地酒や海産物、農産物、お米、その他、色々、一気に、新潟のお土産がそろいます。

常設展示のアピール館には降雪体験コーナーがあり、涼しいです。 新潟ふるさと村【チューリップの名所】

住所/新潟県新潟市西区山田2307

TEL/025-230-3030

「新潟ふるさと村【チューリップの名所】」の詳細はこちら

萬代橋

信濃川沿いの河原「やすらぎ堤」は景色良く広々としていて散策にピッタリ。

\口コミ ピックアップ/

昼は普通の橋ですが、夜になるとライトアップしています。周囲の景色や水面の反射がとても綺麗なので、夜にカップルで行くのがおすすめですよ!近くの土手はウォーキングにもピッタリです。 萬代橋

住所/新潟県新潟市

「萬代橋」の詳細はこちら

にぎわい市場 ピアBandai

様々な店子が軒先を並べる。新潟県の特産品を吟味するのにオススメ。

信濃川の河口部、旧新潟魚市場跡地にオープンした「ピアBandai」は、米・酒・魚・肉・野菜・果実・生花といった新潟県の特産品が大集結。

農産物・海産物・畜産物の調理・加工品をはじめ、高級食材を扱う店舗や、地魚が味わえる「廻り鮨」、新鮮食材が魅力のブッフェレストランなどの飲食店も出店しています。 新潟市観光の際は、ぜひお立ち寄りください。

\口コミ ピックアップ/

新潟駅に近い立地ながら、駐車場完備。

飲食店、八百屋、魚屋、肉屋、お土産屋さんがひとつに集まったエリアです。

観光客のみならず、地元の人からも愛されています。特に野菜は新鮮でよく買いに行きます! にぎわい市場 ピアBandai

住所/新潟県新潟市中央区万代島2番地10

TEL/025-249-2560

「にぎわい市場 ピアBandai」の詳細はこちら

新潟せんべい王国

新潟県民にはおなじみ定番米菓「ばかうけ」のゆるキャラが出迎えてくれる。

見て、体験して、味わえるおせんべいのテーマパーク。職人の技が見られる見学コーナーの他、ご自分でおせんべいを焼ける体験コーナーではお好きな絵や文字を書いてオリジナルのおせんべい作りが楽しめ、記念にお持帰りが出来る超特大絵かき体験が大人気。お土産にはせんべい王国限定のばかうけがおすすめ。

\口コミ ピックアップ/

手焼きせんべいを自分で焼けたり、おせんべい作りの工程を知ることができます。

ご当地限定「ばかうけ」が種類豊富で、何を買おうか迷います。

また、ちょっと高いけど手焼きせんべい「米兆」シリーズはとてもおいしいです。

せんべいソフトは、ちょっと塩味がきいて、これもまたおいしいです! 新潟せんべい王国

住所/新潟県新潟市北区新崎2661

「新潟せんべい王国」の詳細はこちら

やすらぎ堤

萬代橋とニコイチで楽しめる。広大な面積を誇る河原は市民の憩いの場。

\口コミ ピックアップ/

とても長い芝生となっている川辺で、両岸が芝生なのでとても綺麗で、ウォーキングや散策するのも楽しいところでした。 やすらぎ堤

住所/新潟県新潟市八千代、川岸町、一番掘通町

「やすらぎ堤」の詳細はこちら

カーブドッチワイナリー

ワインの試飲や食事はもちろん温泉まで楽しめる。お土産選びも楽しい。

\口コミ ピックアップ/

パンを購入するために立ち寄るほどおいしいパンがあります。

おいしいオリーブ油やチーズ生ハムも豊富に取り揃えてあります。

朝早く出かけ、こちらで朝ご飯をいただいてから温泉に入るのがお勧めです。温泉は小さな子供不可の落ち着いた雰囲気。おしゃれな休日を過ごすことができる場所です。 カーブドッチワイナリー

住所/新潟県新潟市西蒲区角田浜1661

「カーブドッチワイナリー」の詳細はこちら

いかの墨

レベルの高い料理と高級感ある店内は、さながら古民家風の料亭のよう。

\口コミ ピックアップ/

新潟駅前から徒歩3分ほどのところにあるお洒落なお店です。

新鮮なお刺身や新潟ならではのお料理やお酒が楽しめます。

県外からのお客様には大変喜ばれるお店です! いかの墨

住所/新潟県新潟市中央区東大通1-5-24 まるよし第8ビル1棟

TEL/025-242-0510

「いかの墨」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【山口】歴女の旅におすすめ♪防府を巡る自転車の旅
子供と遊び行くオススメお出かけスポット&グルメ【栃木】
食べ過ぎ注意?!九州の道の駅で見つけた絶品つまみグルメ6!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP