ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【山口】歴女の旅におすすめ♪防府を巡る自転車の旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ぽかぽかと暖かい陽気の日には、ゆったりのんびりと自転車旅なんていかが?

今回は山口県・防府で楽しむ歴史ロマンを探す自転車旅をご紹介。

防府天満宮や幕末の志士ゆかりの地など、歴史ロマンが溢れる防府の街。

歩きだけでは行けない距離も、自転車があればゆったりと訪れることができるはず。ちょっと疲れたな~なんて思った時にオススメしたい、美味しいグルメスポットも必見です。

ストレス発散!リフレッシュした~いなんて思う休日には、歴史ロマンを肌で感じる歴女旅へ、おでかけしませんか?

<モデルルート>

10:00 防府市まちの駅 うめてらす

10:30 防府天満宮

12:00 cafe Glebe

14:30 毛利氏庭園

17:00 防府市まちの駅 うめてらす

レンタサイクル返却♪

防府市まちの駅 うめてらす

防府観光はここから!オリジナル商品も充実。

周辺観光の拠点に便利な防府天満宮表参道にあるまちの駅

持っているだけでも幸せな気分になる一筆箋。感謝の言葉を添えて大切な人にお手紙を

人気の外郎(ういろう)。2本入りで期間限定の味もあるので、お見逃しなく

防府の特産品が並ぶおみやげコーナー、食事やスイーツが楽しめるカフェレストラン、無料で休憩できる情報発信コーナーなどがある。防府ブランド「幸せます(しあわせます)」商品も販売。

便利なレンタサイクル情報♪

●普通自転車4時間以内200円(4時間超400円)

●電動アシスト自転車4時間以内300円(4時間超500円)

※返却は17時30分まで 防府市まちの駅 うめてらす

TEL/0835-28-0500

住所/山口県防府市松崎町1-20

営業時間/9時~20時(売店は18時まで)

定休日/なし

料金/幸せます「一筆箋」280円、外郎(夏みかん、よもぎ、いちじく)各325円

「防府市まちの駅 うめてらす」の詳細はこちら

↓自転車ですぐ

防府天満宮

一度はお参りしたい!学問の神様を祀る天満宮。

手入れの行き届いた緑豊かな庭園。四季の移ろいを感じながら散策を

銅板茸入母屋造りの本殿は、豪華な重層楼門との対象美を楽しんで

菅公とお茶の深い関わりを後世に伝えるため建立された茶室「芳松庵」

菅原道真公を祀った日本最初の天満宮。京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮とともに、日本の三天神といわれている。菅公を崇敬した高杉晋作辞世の句もあるのでお忘れなく。 防府天満宮

TEL/0835-23-7700

住所/山口県防府市松崎町14-1

営業時間/6時~20時(茶室9時30分~16時)

定休日/12月31日のみ茶室

料金/拝観料500円(お抹茶、お菓子付)※庭園見学は無料

「防府天満宮」の詳細はこちら

↓自転車で5分

cafe Glebe

商店街に佇むオアシス♪フードメニューも充実。

ジューシーなチキンに甘酢ソースと具だくさんのタルタルソースがかかる

ほろ苦いキャラメルと香ばしいナッツ類の相性◎。食感も楽しめるパフェ

サイクリングの途中に立ち寄って、ゆったり休憩しよう♪

オーストラリアにある多国籍な町“Glebe”にちなみ、異文化を感じるようなお洒落なインテリアも並ぶ店内。ランチタイムは11時~14時で、10種のフードメニューにスープ&サラダバー付きなのでお得♪ cafe Glebe(カフェ グリーブ)

TEL/0835-28-7860

住所/山口県防府市天神1-10-27

営業時間/10時~18時(LO17時)

定休日/日

料金/自家製タルタルのチキン南蛮BOWL950円、キャラメルナッツパフェ700円

「cafe Glebe」の詳細はこちら

↓自転車で10分

毛利氏庭園

新緑に包まれる庭園美は心安らぐ至福のひととき。

ひょうたん池を巡る回遊式庭園は国の名勝指定を受け、四季の景観を楽しめる。とくに新緑と紅葉の時期は多くの人が訪れる

大正5年(1916)に建てられた旧萩藩主毛利氏の邸宅。近代和風住宅の精華を示す壮大な建築の邸宅と、約25000坪の広大な日本庭園は圧巻の一言。5月29日(日)までは、庭内の毛利博物館で企画展「端午」を開催。 毛利氏庭園

TEL/0835-22-0001(毛利博物館)

住所/山口県防府市多々良1-15-1

営業時間/9時~17時(入園は16時30分まで)

定休日/なし

料金/入園料大人400円、小中学生200円

「毛利氏庭園」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

子供と遊び行くオススメお出かけスポット&グルメ【栃木】
食べ過ぎ注意?!九州の道の駅で見つけた絶品つまみグルメ6!
子供と遊びに行く千葉のお出かけスポット&房総グルメ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP