ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】AKBオタク向けスマホゲーム「神の手」が課金地獄すぎる件 / 課金率100%で賞品は空気が詰まった缶詰「史上最悪のオタク搾取課金ゲーム」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48プロデューサーの秋元康がプロデュースし、各界の一流スタッフが集結して作られたというスマホゲーム「神の手」(ブランジスタ)が、インターネット上で物議をかもしている。単なるスマホゲームなのに、どうして話題になっているのか?

・自宅にリアルな賞品が届く
このゲームはゲームセンターにあるクレーンゲームをスマホアプリ化して遊ぶというもので、プレイヤーは課金をすることでクレーンゲームを遊ぶことができ、見事ゲットした賞品が自宅に届くというもの。今までの課金ゲームと違う点は、自宅にリアルな賞品が届くという点だ。過去にも商品が届く課金ゲームはあったが、今回はちょっと違う部分がある。

・恐ろしい3つの理由
しかしこれ、非常に恐ろしいゲームシステムだと言われている。その理由は3つある。「AKBオタクを対象とした課金ゲーム」という点と、「クレーンゲームだがガチャと同じ」という点、そして「届くのが空気が詰まった缶詰」という点だ。

・史上最悪ともいえるオタクからの搾取課金ゲーム
湯水のごとくアイドルにお金を注ぐAKBオタク。そんな彼ら向けに課金ゲームを「ガチャ形式」で作り、リアルに賞品が届くとはいえ届くのは空気。おわかりだろうか?「史上最悪ともいえるオタクからの搾取課金ゲーム」と言っている人もいたが、そう思われても仕方がない流れである。

・課金率100%! 年間1200億円をAKBオタクから得る
「神の手」の資料によると、このゲームは他の課金ゲーム(いわゆる従来のガチャゲーム)とは違い、プレイヤーは100%課金をしてプレイすることになる。よって、他のゲームよりも莫大な利益を生むという構図のようだ。しかもそのターゲットはAKBオタクというわけだ。これにより、年間1200億円をAKBオタクから得られるという。

・インターネット上の声
「神の手ってこれクレーンゲームの形したただのガチャだよね」
「空気を缶詰にしてアプリクレーンゲームで売るのかよwwww ひっでえなあwwww」
「空気缶だろうが買う奴が居るんだから売ったモン勝ちやねん」
「ユーザー側に楽しんでもらうとかいっさい無くて搾れるだけ絞るって構造だし、最高にクソッタレ」
「秋元康とゲームをつくるというだけで時価総額が2200億円まで膨らんだブランジスタ」
「あぁ、こういう景品もあるのね…」
「やっぱり秋元康は常人じゃない。このビジネスモデル普通の会社なら絶対にとおらないもん」
「在庫管理完璧な物販やな かたい商売や」
「物理ガチャで課金率100%!」
「最近のAKBヲタは歌買わないけど、グッズは買うのかね?」
「たぶんこれ社会的に害でしかないよ」
「アプリリリース直後に消費者庁からストップかかって開発費全損してください」

・世間が批判しても無駄?
指原の空気、松井の空気、山本の空気など、複数の空気が今後も賞品として出てくるとのこと。世間がいくら批判したとしても、AKBオタクが「空気」を欲しがる限り、このアプリゲームが消えることはないだろう。皆さんは、このようなゲームをどうお思いだろうか。AKBカフェの「高額な餃子定食」がマシに思えるほどのゲームなのは間違いない。

もっと詳しく読む: AKBオタク向けスマホゲームの詳細(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/05/28/akb-kaminote/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP