ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第二のアルガンオイル、アフリカ発の「マルラオイル」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アルガンオイルはすでにみなさんもご存知もしくは、すでにスキンケアとして使用されている方も多いと思いますが、南アフリカ産のマルラオイルが万能オイルで、アルガンオイルに勝ると言われており、現在注目されています。

マルラオイルとは?

南アフリカに生育するマルラの木の実から採れるオイルで、アンチエイジングが期待できる成分がたっぷり含まれています。アフリカではマルラは神の木と呼ばれており、アフリカの伝統医学でも古くより使用されてきました。

マルラオイルとアルガンオイルの類似点

*両方ともフルーツの種から採れるオイルで、自生しているものを現地の女性の手により収穫されている
*2つのミラクルオイルは地元の人達の間で古くから調理や美容に使用されてきた
*両方ともアンチエイジングやお肌に活力・栄養を与えるオイルとして有名
*どちらもオメガ脂肪酸が豊富に含まれており、アンチエイジング作用が期待できる
*成分に含まれているビタミンE(トコフェロール)やビタミンA(カロチン)が抗酸化作用を発揮し、肌を老化の原因である活性酸素から守り、お肌にハリや潤いを与える

オメガ脂肪酸とは?

オメガ脂肪酸にはスキンケアにピッタリなオレイン酸とリノール酸、2つの種類があります。この2種類の割合でどちらのオイルがあなたに合うか判断する基準となるのです

オレイン酸の効果(オメガ9)

1、太陽からお肌を守る
2、保湿効果が非常に高い
3、傷の治癒を促進する
4、抗炎症作用が、お肌のダメージを修復する
5、皮脂に含まれる成分
6、乾燥肌対策に最適
7、とってもリッチな質感のオイルで、保湿力がたっぷり

リノール酸の効果(オメガ6)

1、抗炎症作用が高い
2、お肌の水分を保つ
3、細胞再生に働きかける
4、お肌の角質層のバリア機能を高める
5、体内で合成出来ない成分
6、ライトな質感のオイルで、肌に栄養を与え、肌を守る
7、特に乾燥肌の方よりも、少しオイリー肌タイプの方に最適

アルガンオイルにはオレイン酸44%-55%, リノール酸28%-36%、マルラオイルはオレイン酸が70%-78%, リノール酸4-9%が含まれています。アルガンオイルは普通肌の方に向いており、マルラオイルは乾燥肌の方向けのオイルということがわかります。

トコフェロールの役割

ビタミンEは強力な抗酸化物質で、紫外線から受けるダメージを 防ぎ、コラーゲンの生成を促すため、肌にハリや弾力を与え、シワを少なくすることが期待できます。アルガンオイルには100g中60-90mg、マルラオイルには100g中13.7mgのトコフェロールが含まれています。

ステロール

ステロールは毛穴の汚れを分解し、肌を強くすることで、皮膚を守ってくれます。また抗炎症作用が肌の老化を遅らせ、肌を柔らかく、プルプルなお肌を保ってくれます。マルラオイルには100g中287mg、アルガンオイルには100g中130-230mのステロールが含まれています。

カロチン

フルーツや野菜に含まれる赤い色素で、日光からのダメージや老化を遅らせる作用があります。マルラオイルには含まれず、アルガンオイルにのみ含まれています。

ビタミンC

エイジングの大敵である活性酸素を取除き、コラーゲンの生成を促したり、シミ対策に期待できます。
アルガンオイルには含まれず、マルラオイルにのみ含まれる。

マルラオイルは乾燥肌、敏感肌、紫外線でダメージを受けた肌に有効なオイルです。また赤ら顔や傷あとの解消も期待できます。つけた感触はアルガンオイルに比べてヘビーですが、マッサージオイルとしても最適です。保湿効果が非常に優れ、肌に栄養を与えてくれるので、くすんだ肌や、アンチエイジング対策として使用して下さい。マルラオイルは肌への吸収が非常に早く、べたつかず、毛穴に詰まったりすることもありません。また抗菌作用もあるため、ニキビにも使用して頂けます。マルラオイルは頭から足の先まで、髪から爪すべてに使用できる万能オイルです。皆さんはどちらのオイルを選びますか?

writer:ベターマルシェ

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP