体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第7回:京都ブックフェスティバル実行委員長 洞本昌哉氏

第7回:京都ブックフェスティバル実行委員長  洞本昌哉氏

京都市役所前の階段を降りるとそこは広大なショッピング街が。ここが京都ではじめての本格的な本のイベントである
「京都ブックフェスティバル」の会場です。

009.JPG

―どういう経緯でこのイベントが開催されることになったのですか。

もともと3年ほど前から京都の出版社さんの正月の会合などで、活性化対策として何かイベントができないかという話は
あったのです。では何故出版社さんのイベントを我々書店がやることになったかというと、本の値引き販売イベントを
出版社さんが自ら主催するのは、新刊書店さんへの配慮もあり難しい。それなら神保町ブックフェスティバルのように
街興しの一環としてやる分には問題なかろうという事で、僕が会長になっているZEST御池会を
京都ブックフェスティバル実行委員会(京都府書店商業組合・日本書籍出版協会京都支部)の中に入れることにしました。
そういう経緯もあり、私が責任者になり、この場所で開催することになりました。

013.JPG

―それにしても、これだけの本をかなりな特別価格で販売できているのは、凄いことですね。

街おこし、商店街の活性化のためでもあるので、出展料はワゴン・ポスター等実費分しかかからない設定にしました。
負担を減らすことでなるべく多くの地元の出版社さんに参加して頂きたかった。倉庫に眠っていた本、
再出荷する予定のない本を再販制度の弾力的運用とご理解頂き特別価格で販売し、1人でも多くの地元の読者に
本と出合って頂きたかった。そして出版社自らが対面販売することで、作り手の想いがダイレクトに読者に伝わる
イベントにしたかったのです。中には茶道の専門書や仏教書など普段書店ではあまり店頭で販売していないような出版社さんにも
参加してもらっています。

023.JPG 015.JPG 017.JPG

正月に思いついて説明会を開いて、4月開催という、あまりにも時間がないスケジュールでしたが、
実行委員会である書店組合・書協の両トップが理解を示して頂き、18社の地元出版社さんが趣旨に賛同して、
参加していただくことができました。様子見で来年は参加したい、という社もかなりありますので、
今後は更に大きな規模での開催になる手ごたえを感じています。

実は本屋大賞の京都版である「京都本大賞」も私が中心となって仲間と作ったのですが、そのメンバーがいてくれたことが、
今回の企画を進めるうえでも非常に助かりました。

027.JPG
1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy