ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【超朗報】ソ連で公開当時1570万人を動員!ロシア製SFカルト映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』デジタル・リマスター版で劇場公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中の映画ファンが愛してやまない、ソ連生まれの超脱力・SFカルトムービーが、デジタル・リマスター版で復活、15年ぶりの公開が決定した。

https://youtu.be/n6fUX5NOxmM

ソ連で公開当時1570万人を動員、モスクワの劇場では皆が「クー!」と叫び、ドイツではプリントが盗まれて大騒ぎに!? 日本でも15年前にロングランヒットを記録し、世界中の一部で大人気を誇る1986年のロシア製SF映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』がデジタル・リマスター版で復活!そして、8月20日(土)より新宿シネマカリテにてレイトショー公開(全国順次公開)されることも決定した。

本作は、思いがけず”空間移動装置”のボタンを押してしまい、キン・ザ・ザ星雲の惑星ブリュクにワープしてしまった男2人が”クー”としか言わない異星人たちにダマされながらも、なんとかして地球に帰ろうと奮闘する姿を描くSF映画。監督は名実ともにロシアを代表するゲオルキー・ダネリアだ。

ロシアでの観客動員数が1570万人と凄まじすぎるが、実はダネリア監督の75年作品『AFONYA』はその約4倍の6220万人を記録、もはや意味不明な領域に達してしまったロシア映画界の巨匠だ。

音楽は世界的作曲家のギア・カンチェリが担当し、史上最も気の抜けたサントラを制作。旧ソ連時代当時の社会や資本主義世界に対する皮肉や風刺などが、途方もなくゆるい脱力空間とともに展開され、『2001年宇宙の旅』(68年/スタンリー・キューブリック監督)、『惑星ソラリス』(72年/アンドレイ・タルコフスキー監督)、『未来世紀ブラジル』(85年/テリー・ギリアム監督)などの名だたる作品群と比較されるほどのカルト的人気を誇っている。

・メイン写真

・サブ写真

そんな、世界中に中毒者が生み出した伝説の映画がまさかのデジタル・リマスターを施され、はっきりくっきりした鮮明な映像で甦るのだ。15年ぶりの劇場公開となる『不思議惑星キン・ザ・ザ』、これはどう考えても見逃せないぞ!

『不思議惑星キン・ザ・ザ』≪デジタル・リマスター版≫
監督:ゲオルギー・ダネリヤ、脚本:レヴァス・ガブリアゼ+ゲオルギー・ダネリヤ、撮影:バーヴェル・レヴェシェフ
美術:アレクサンドル・サムレキン・テオドル・テジク、音楽:ギア・カンチェリ、製作:モスフィルム・スタジオ
キャスト:スタニスラフ・リュブジン、エヴゲーニー・レオン、ユーリー・ヤコヴルフ、レヴァン・ガブリアゼ

1986年/ソ連/カラー/デジタル/135分 1989年日本初公開・2001年リバイバル公開作品/原題:KIN-DZA-DZA
(C)Mosfilm
8月20日(土)より新宿シネマカリテにて超脱力レイトショー!!

■参照リンク
『不思議惑星キン・ザ・ザ』公式サイト
http://www.kin-dza-dza-kuu.com/

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

AKB48・小嶋陽菜
アンタ・山崎も悶絶!?筋肉アイドル・才木玲佳の美貌とガチすぎる必殺技に男性視聴者から熱視線
中谷美紀ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて・・・』の原案者が「恋愛を長続きさせる3つの秘訣」を伝授、ネット上で話題に
柴咲コウ、ほぼスッピン?のオヤスミショットが美しすぎてファン大興奮 「こんな美人、この世の人ではない!!」
マツコ&有吉もバッサリ!『怒り新党』青山愛アナの自由すぎるキャラクターがじわじわ話題に 「なにこの逸材wwww」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP