ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シニアのためのAirbnb!50歳以上限定の空き部屋マッチングサービス「The Freebird Club」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シニアのためのAirbnb型プラットフォーム「The Freebird Club」200万件以上の物件が登録されている空き部屋マッチングサービス「Airbnb」は、2008年の創設以来、若い世代を中心に急速に普及し、近年、その利用者層は、シニア層にまで広がってきた。

2016年3月に発行されたAirbnbのレポートでは、2015年にAirbnbを通じて部屋を貸し出した「ホスト」を世代別に分類。60歳以上の「ホスト」は、前年比102%で増加し、Airbnbの「ホスト」全体の13%を占めている。

・シニアのためのAirbnbが誕生

世界各地で増加するシニアの旅行者50歳以上限定のシニア向けAirbnb型プラットフォームとして注目を集めているが、2015年に英ロンドンで創設された「The Freebird Club(フリーバード・クラブ)」だ。

「ホスト」が自宅の空き部屋の情報を投稿し、「ゲスト」がエリアや日程などの条件をもとに物件を検索して、予約するという基本的な仕組みは、従来の空き部屋マッチングサービスと同様だが、単なる宿泊にとどまらず、「ホスト」と「ゲスト」の交流を重視しているのが「The Freebird Club」の特徴。

そのためのルールとして、「ホスト」には、「ゲスト」の宿泊期間中、在宅するよう義務づけている。

また、「The Freebird Club」は、有料会員制。会員費を支払ったメンバーのみが、「ホスト」もしくは「ゲスト」として、このプラットフォームを利用できる仕組みとなっている。

・旅を介してリアルにつながるシニアのネットワーク

「The Freebird Club」は、2015年にアイルランド南部のケリー州および英ロンドンでパイロット運用し、今夏、正式にオープン予定。英国、アイルランドはもとより、米国などにも広く展開していきたい考えだという。

旅を通じてリアルにつながる、グローバルなシニアのネットワークとして、今後の展開が楽しみだ。

The Freebird Club

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。